フィリピン永住権取得の道

フィリピンの永住権(クオータビザ)取得とエアライン&ホテル利用記

フィリピン永住権取得の道 イメージ画像
スマホTOP

TOP2

2633

マイルの話題/キャンペーン

JALカードのアプリに、マイルが当たるゲームがある。ゲームは1日に1回チャレンジ可能で、当たりが出ると1マイル貰える。ゲームは2種類あり、このうち1種類が今月から新作と入れ替わった。新作はスロットゲームで、PLAYボタンとSTOPボタンを押すだけの単純なもの。スロットが
『JALカードのアプリにマイルが当たる新作ゲーム登場。暇つぶし程度にやるには良いかも。』の画像

ホテルオークラは日本を代表する老舗の高級ホテル。系列にニッコーホテルやホテルJALシティがあるので利用されている方も多いと思う。オークラはホテル独自のポイントプログラムを設けており、利用実績に応じて会員ランクが3段階に分類される。上から2番目のロイヤルでも、部
『ホテルオークラのロイヤル資格を一撃で手に入れる方法。ホテルJALシティを利用している方にもオススメです。』の画像

キリンのメッツコーラを3本購入するごとに、100LINEポイントがもれなく貰えるキャンペーンを実施している。LINEポイントと聞いて即マイルを連想された方は、陸マイラーの上級者。ソラチカルート閉鎖後は、ハピタスやモッピーで貯めたポイントを、最も高い交換率でANAマイルに
『キリン メッツコーラ3本購入で100LINEポイントゲット。ソラチカ経由でANAマイルと交換できます。』の画像

2017年度の確定申告が終了して、皆さんの納税額も確定したと思う。税金を納めるのは国民の義務であり、そこに値引きやおまけと言った色気は一切存在しない。いくら役所の窓口で交渉しようとも、1円足りとも値下げしてくれない。精々得られるのはポケットティッシュくらい。大
『2018年度は税金や公共料金をJMBWAONで払って、JALマイルをガッツリ貯めよう。』の画像

保有しているANAマイルが2018年3月末で7,960マイル失効する。マイルを爆発的に貯める手法を実践しているため、使っても使ってもなくならない。(→ANA VISA nimoca到着。これでマイルを爆貯できる。)海外に行く時はビジネスクラスに乗り、国内移動も飛行機をメインで使って
『ANAマイルの有効期限を延ばす方法。ソラチカループなら簡単に且つ最小限のロスで延命できます。』の画像

ANAは2018年10月28日以降に適用する新しい運賃制度と、特典航空券のルール変更を発表した。エアライン関連でルール変更と言えば、イコール改悪を意味するケースがほとんど。しかし今回の変更内容を精査した限りでは、改善の方が大きいと思う。詳細は以下の通り。 table { bo
『ANAが国内線特典航空券のルール変更を発表。予約期限は搭乗4日前→前日に変更されて使いやすさが大幅UP!』の画像

航空会社問わず、国内線の使用済み搭乗券をデルタに送ると、1枚につきに500マイルもらえる「デルタニッポン500マイルキャンペーン」の締め切りが迫っている。航空券という形であれば、ツアーでも特典航空券でも加算されるので、申請しないと損なキャンペーンになる。自分はこ
『デルタニッポン500マイルキャンペーンの締切り迫る。まだ申請していない方はお早めに。』の画像

マイルを貯めている方の中には、せっかく貯めたマイルなので、1マイルあたりの価値をできるだけ高く使いたいとお考えの方も多いと思う。そこで今回はマイルを効率よく使う方法の一つとして、往復分のマイル数で、2往復する方法を紹介したい。まずANAの特典航空券には以下の規
『1往復分のマイル数で2往復する方法。少しの手間と工夫で実現できます。』の画像

先日ANAのマイルを大量に稼げるゴールデンルート(通称ソラチカルート)が、2018年3月末を持って寸断されることをお伝えした。ソラチカルートとはハピタスやモッピーで稼いだポイントを提携先のPeX→メトロポイント→ANAと交換すると、90%がマイル化できるというもの。このう
『JALマイル交換ルートのJTBトラベルポイントがPeXとの提携終了。でも態勢には影響なし。』の画像

ソーシャルレンディングという言葉を耳にされたことはあるだろうか?世界には成長が見込まれる技術力を持った企業がたくさんあるが、創業して間もない場合や、十分な担保がない場合は、金融機関から融資を断られてしまう。企業には運転資金が必要で、融資が得られないと有望
『SBIソーシャルレンディングに登録+メール配信で1,440マイルゲット。ノーリスクなので今すぐ貰っておけ。』の画像

ANAのダイヤモンド、プラチナ、SFC会員は、国際線の搭乗手続き時に空席があれば、無料でプレミアムエコノミーにアップグレードできるサービスがある。全てのブッキングクラスでアップグレード可能で、なんと特典航空券も対象になる。東京からマニラまでは3時間半程度のフライ
『ANAプレミアムエコノミーの無償アップグレードに挑戦。結果ミッション成功。』の画像

JALは国内線に関する3問のクイズに正解すると、もれなく100マイル付与される「Answer a short quiz」を実施している。なぜかこのクイズはJALの英語サイトから入らないと辿り着けない。以下にリンクを貼っておくので、JALのことなら任せろという方は、こちらからどうぞ。https
『JALで3問のクイズに正解すると100マイルもらえます。運が良ければアマゾンギフトカード5,000円分も。』の画像

スカイチームで東京からマニラへ入るには、以遠権で飛ばしているデルタの他に、台北経由のチャイナエアライン、ソウル経由の大韓航空、上海経由の中国東方航空の4つのルートから選べる。どれを選ぶかは空席状況によって変わるが、自分は台北経由で入ることが多い。(デルタ[
『【勝手な予想】デルタが必要マイル数を改悪しないか心配。』の画像

JTAとRAC(琉球エアコミューター)は3日間で沖縄の離島を16回も飛びまくる、アイランドホッパーを販売している。このツアーは目的地に行くことよりも、フライトそのものを楽しむことを狙いとしている。離島に降りても観光する時間はほどんどなく、降りては乗っての繰り返し。
『JGC修行にアイランドホッパーはいかが?総額50万、10日間で達成可能。』の画像

JALは1万マイルをホテルオークラのワンハーモニーに交換すると、通常4,500ポイントが6,000ポイントに増額されるレートアップキャンペーンを実施している。ホテルオークラのポイントプログラムは、マイル交換によって積算されたポイントも上級会員に必要なポイントとしてカウ
『JAL 1万マイルをホテルオークラのワンハーモニーポイントに交換で、一撃ロイヤルメンバーに昇格!』の画像

昨年末に野暮用でソウルに日帰り出張した。まずは、その時のフライト記録を動画にまとめたので、よろしければご覧下さい。2時間30分のフライトを約18分にまとめています。さて、今日の話題。ANAは2018年1月12日までの期間限定で、海外ツアーの新春タイムセールを開催している
『ANAのビジネスクラスツアーが新春タイムセール中。PP単価10円以下の路線もあるので修行でも使えそう。』の画像

飛行機に乗ると当たり前のように取られる燃油サーチャージ。下手をすると航空券代より高いことがある。 キャンペーンなどでお得な航空券を見つけても、油代を足すと全然安くないじゃんと思うことがよくある。この油代が2018年2月発券分より、現在の1.5倍に値上げされる。各
『2018年2月から燃油サーチャージが1.5倍に値上げ。海外へお出かけ予定の方は1月中の発券をお勧めします。』の画像

ANAは地方発東京行の旅作(航空券とホテルのセット)で、最大6,000円引きになるクーポンを配布している。クーポンの適用ハードルも低く、宿泊地が関東甲信越から選べるなど、使い勝手も良い。久しぶりにお得なクーポンが撒かれているなという印象。今回のクーポンに加えて、
『ANAが東京行の旅作で最大6,000円のクーポン配布中。キャンペーンを絡めればポイントやマイルの7重取も可能。』の画像

ANAは2018年4月1日からプレミアムクラスのアップグレード料金を、需要に合わせて5段階に分類するようだ。現在はプレミアムクラスに当日アップグレードする場合、路線に関係なく一律9,000円で乗れる。これを羽田⇆那覇や羽田⇆石垣などの人気路線は値上げし、逆に大阪⇆松山や
『2018年4月からプレミアムクラスが5段階の料金制に。SFC修行定番路線の羽田⇆那覇は大幅値上げ!』の画像

ソウルの用事を終えて、これから日帰りで日本に戻る。 利用するのはアシアナのエコノミークラス。 2016年にSFC修行をしてスターアライアンスゴールドを手に入れたので、エコノミーでもビジネスクラスカウンターやラウンジが使える。 お金と時間をかけて修行したのも、今
『海外へ出かける時は、エアラインのステータスカードを忘れずに。』の画像

デルタのマイルを使って大韓航空の羽田→金浦を予約した。必要マイル数はエコノミーで片道7,500。 今回は情勢が情勢なので、ちゃっちゃと用事を済ませて、日帰りする予定。デルタが面倒臭いのは、他社便の場合は事前の座席指定ができないこと。一応、座席指定できそうな画面
『デルタのマイルで大韓航空の特典航空券を予約したものの、座席指定できずに困っていた方。やり方をご案内します。』の画像

ANAからウエルカムバックキャンペーンという、対象者限定の案内が届いた。キャンペーンに登録してANAに乗ると、2区間搭乗する度にスカイコインが貰えるらしい。詳細は以下の通り。登録期間:2017年11月10日〜2018年3月31日搭乗期間:2018年1月1日〜2018年3月31日特典内容:2
『[対象者限定]ANAウェルカムバックキャンペーンで2区間搭乗毎に最大3,000コイン付与!』の画像

ユナイテッド航空から2017年11月20日までにマイルを購入すると、ボーナスマイルが上乗せされるオファーが届いた。前回は2017年9月29日まで開催されていたので、2ヶ月空けずにまた実施された形になる。(前回はこちら→UAのバイマイル。2017/9/29まで75%ボーナス実施中)ボー
『UAのバイマイル。2017年11月20日まで75%ボーナス実施中です。』の画像

フィリピンのフラッグキャリアであるフィリピン航空が2017年11月19日までの期間限定で、最大70%OFFセールを開催している。フィリピン航空と聞いて、なんか不安と思われた方。 実はJALよりも会社の誕生は早く、今年で創設76年目になる。 SKYTRAX社が発表した2017年の航空会社
『フィリピン航空が70%OFF実施中。お安くセブに行くチャンスです。』の画像

ポイントサイトのモッピーに新規登録して、貯めたポイントをJALマイルと交換すると、1,000ポイントもらえるキャンペーンが始まった。モッピーはお友達紹介制度を設けており、既存会員が新規入会者を誘うと、自分のIDと紐づいて一定数のポイントがもらえる仕組みになっている
『モッピーに新規登録してJALマイルに交換すると1,000ポイントもらえます。誰か登録してください!』の画像

バニラエアは2016年末より、セブ島に直行便を飛ばしている。日本からセブ島へは適当な便が少ないので、選択肢が増えたことは嬉しい。価格も最安9,880円からとなかなかリーズナブル。飛行時間は4時間程度なので、狭い機内でもギリギリ耐えられそうな感じはする。バニラエアはA
『セブ島へ特典航空券で行く。3万マイルでバニラエアか3.5万マイルでANAのビジネスクラスか。貴方はどちら?』の画像

来月少し時間が取れたので、セブ島にでも行ってリフレッシュしようかなーと思っている。セブ島も一応フィリピンなので、自分が取得したクオータビザがあれば、滞在日数を気にすることなく、1年でも2年でもセブにいられる。(まぁそんなにいないけど...)今回は久しぶりにユナ
『UAの特典航空券。2017年11月1日から東京⇄マニラのビジネスクラスは往復9万マイル必要!?またまたご冗談を。』の画像

JALの2017年11月分の時刻表を見ると、国際線機材が数本、国内線の運用に入るようだ。国際線機材にはビジネスクラスが搭載されているため、クラスJを選ぶと、たった1,000円でビジネスクラスシートを体験できる。運航スケジュールは以下の通り。 table { border-collapse: col
『JAL 国際線機材が国内線の運用に入る時刻と区間(2017年11月)』の画像

超大型の台風21号が日本列島に接近している。(ウェザーマップ社より引用)2017年10月21日10:00時点で、中心気圧が925hPa、最大風速50メートルと、正にモンスタークラス。災害が出ないことを祈るばかり。そんな中、台風が接近する時間とバッチリ重なった特典航空券を持ってい
『超大型台風接近で予約便の運航危うし。期限切れ直前の特典航空券はどうなるのか?』の画像

先日長年乗ってきた愛車を手放した。約12年乗って、走行距離は10万キロほど。まだまだ調子は良かったものの、ほとんど乗る機会がなく、駐車場にずっと放置している状態だった。皆さんご存知の通り、車は1ミリも動かさなくても、持っているだけで多くのコストが発生する。車の
『車を手放してタイムズのカーシェアに切り替えたら、懐が温まってマイルも貯まった。』の画像

ANAからチョイスdeスマイルキャンペーンの案内が届いた。このキャンペーンに登録して、旅作(航空券とホテルのセット)を組むと、マイルもしくは割引クーポンがもらえる。詳細は以下の通り。予約期間:2017年10月2日〜2017年11月30日出発期間:2017年10月4日〜2018年5月31日
『ANAチョイスdeスマイルキャンペーンでマイル4重取り!旅費2.6万円で最大5,000マイルも。』の画像

先日JALの「どこかにマイル」を使って熊本に行ってきた。(→どこかにマイル、欲しい行き先は新千歳。結果はいかに?)その際乗った飛行機は前方5席がファーストクラスになっていた。JALが国内線でファーストクラスを設定しているのは羽田から新千歳、伊丹、福岡、那覇のみ。
『知らなかった!クラスJなのにファーストクラスに乗れる!但し運次第。』の画像

北海道の女満別空港を利用して、網走市及び斜里町内に宿泊すると1泊1名につき5,000円の助成金が受けられる制度がある。この助成制度を活用したツアーをJALが組んでおり、 往復の飛行機代と2泊のホテル代込みで、なんと最安2万円から設定がある。斜里町と言えば、世界遺産の知
『知床に行くなら網走市の助成制度を活用しよう。2泊3日コミコミで2万円から設定あり。』の画像

JALは往復6,000マイルで、4つの候補地の中からいずれか一ヶ所に行ける「どこかにマイル」というサービスがある。通常なら往復1万マイル以上必要なところ、たった6,000マイルで旅に出られるのはかなり魅力的。但し目的地はJALが決めるので、自分が意図しない場所に連れて行か
『JALどこかにマイル、欲しい行き先は新千歳。結果はいかに?』の画像

ANAから国内最長路線の那覇⇄新千歳を期間限定で増便するとの発表があった。日本は狭いとは言え、那覇から新千歳までは片道3時間10分、逆ルートの新千歳から那覇は気流の関係で3時間55分もかかる。これだけ長い距離を飛ぶので、一回の搭乗で積算されるPP(プレミアムポイント
『国内最長路線の那覇⇄新千歳が期間増便。SFC修行で使えるかと思ったら残念な時刻設定だった。』の画像

ANA Experience Japan Fareは国内線が一律10,800円で乗れるスペシャルお得な航空券。しかもPPとマイルの積算率は100%なので、例えば羽田→石垣なら一度の搭乗で2,448PPも稼げる。PP単価は驚異の4.41。1PPが10円を切ると優秀と言われている中において4.41はかなりの破壊力だ。
『ANA Experience Japan FareのPP積算率は2018年10月以降100%→30%に下落か。』の画像

↑このページのトップヘ