フィリピン永住権取得の道

フィリピンの永住権(クオータビザ)取得とエアライン&ホテル利用記

フィリピン永住権取得の道 イメージ画像
スマホTOP

TOP2

2633

ANA

これからANAで成田から仙台へ向かう。 仙台行きは羽田からの設定がないので、飛行機で行く場合は成田から出発することになる。 成田発の国内線が楽しみなのは、何と言ってもラウンジ。 成田にはアライバルラウンジと言って、国際線で成田に到着した上級会員やビジネスクラス
『ANAの国内線は成田発がお得かも。搭乗前にラウンジでおにぎりとサンドウィッチをお腹いっぱい食べてきた。』の画像

これからアシアナ航空のビジネスクラスで韓国・金浦に移動する。アシアナ航空はスターアライアンスメンバーということで、羽田空港ではANAラウンジを利用することになる。こちらがANAラウンジの入口。スターアライアンスに加えてANAが独自提携しているフィリピン航空もこのラ
『[羽田空港]ANAラウンジ[4回目]』の画像

これからANAのCクラスで日本に帰国する。ANAはマニラ⇔東京間を一日2便飛ばしており、マニラ発午前が成田行、午後が羽田行となっている。年間21万マイル貯まる手法を実践しているため、今回も特典航空券での搭乗となる。フィリピン永住権取得の道@ph_visaANA 2014年マイル積
『[マニラ空港]ANAラウンジ』の画像

これからANAのCクラスでマニラに行く。 羽田発マニラ行きは9:35発。 ちょうど朝食時間帯ということもあり、出発前にラウンジで朝食を取る事にした。 ラウンジ内はソファー席や窓側の椅子席はほぼ満席状態。 仕方なく中程のカウンター席を陣取り、さっそくフード類の物色を
『[羽田空港]ANAラウンジ[3回目]』の画像

これからANAのC(ビジネス)クラスで羽田からソウル・金浦へ向かう。Cクラス搭乗時は平会員でもラウンジが利用できるため、さっそく訪問することにした。ラウンジを思いっきり堪能するために、ランチを抜いて水分もあまり取らずにここまで来た。貧乏性丸出しというやつだ。入
『[羽田空港]ANAラウンジ[2回目]』の画像

飛行機のビジネスクラスを利用する際は出発前に空港ラウンジではなく、航空会社が用意したビジネスラウンジを利用できるのが大きな利点である。軽食からドリンクまで豊富に取り揃えられており、出発前のひと時をゆっくり過ごせるというイメージが強い。しかしマニラ(ニノイ
『[マニラ空港]ANAビジネスラウンジ』の画像

2回目の渡比は2014年3月に新設されたマニラ線を利用する。恥ずかしながら羽田から海外へ行くのは今回が初である。チェックインを終え、大きく「C」のマークが入った航空券を握りしめ、ANAのビジネスラウンジに向かった。初めての羽田国際線なので、空港内がどのよ
『[羽田空港]ANAラウンジ』の画像

↑このページのトップヘ