フィリピン永住権取得の道

フィリピンの永住権(クオータビザ)取得とエアライン&ホテル利用記

フィリピン永住権取得の道 イメージ画像
スマホTOP

TOP2

2633

JAL/JGC

2019年にJGC修行をされている方は、その後順調に行脚されているだろうか。自分は2015年に出家したが、9月時点ではクリスタルに届くか届かないくらいの状態だった。善行を積む時間はまだ4ヶ月弱あるものの、年末が近づくと何かと忙しくて、慌ただしい修行になった記憶がある。
『2019年のJGC修行にマニラルートはいかがでしょうか。』の画像

最近はいろんな会社がプリペイド式カードを発行しており、皆さんも1枚や2枚は持っていると思う。プリペイド式とはSuicaやPASMOのように予め現金をチャージしておくと、その範囲内でクレジットと同じように決済できるカードのこと。審査は不要で、且つチャージ金額内しか使え
『JALグローバルウォレットカードを申し込んで100マイル貰ってみた。』の画像

フィリピンの外国人登録証(ACR-Iカード)の更新を終えて、これから日本に戻る。フィリピンから日本に帰るときは午後便を利用することが多いが、今回は2019年2月に新規就航したJALの深夜便に乗ってみることにした。祝 JALマニラ線増便!羽田からマニラに直行で行けます。実は
『JALの深夜便でマニラから羽田に移動してみた。予想以上に快適だった。』の画像

JALグループのJTAは国内線最長路線の羽田⇆石垣を毎日2便飛ばしている。(ANAの国内線最長路線は那覇⇆新千歳)いつもはB737の小型機で運行しているが、夏休みの繁忙期は毎年JALからB767の中型機を借りて来て、高まる需要に対応している。(B767の運行はJAL)2019年の運行を
『JTA 国内線最長路線の羽田⇆石垣に国際線機材投入!ビジネスクラスで石垣に行けるチャンスです。』の画像

JGC会員の方は2019年の初搭乗はもう済まされただろうか? JGC会員は毎年初回の搭乗で2,000マイル+JGC会員ボーナスが3,000マイルの合計5,000マイル貰える。自分はいつも特典航空券でしか乗らないので、うっかりしていると、この5,000マイルをもらい損ねてしまう。5,000マイル
『2019年JALに初搭乗して5,000マイル貰って来た。』の画像

先日、日本テレビの沸騰ワード10という番組で、芸能人がJALのステータス修行に挑戦する企画が放映されていた。目指すのはサファイアで、これを搭乗回数によってクリアするらしい。(JALは暦年内に5万FOPもしくは50回搭乗でサファイア)修行の行き先は奄美大島、鹿児島、大阪
『日テレの沸騰ワード10でJALのサファイア修行が紹介されていた。皆さんも参戦いかがでしょうか。』の画像

JALの運航スケジュールを見ると、2019年4月は国内線に国際線機材を大量投入することがわかった。国際線機材にはビジネスクラスが搭載されており、これを国内線で使う時はクラスJとして解放される。つまり通常なら何十万円も払わないと乗れないビジネスクラスに、わずか1,000
『2019年4月はJALの国内線に国際線機材を大量投入。プラス1,000円でビジネスクラスに乗るチャンス!!』の画像

JALは2019年2月より羽田⇆マニラの深夜便を新規就航させた。これで成田発着の2便と合わせてデイリーで3往復体制となった。(→JALマニラ線増便!羽田からマニラへ直行で行けます)フィリピンに出入りしている身としては選択肢が増えて嬉しい限り。ただ、新規就航した便はB737
『祝 JAL羽田⇆マニラ線の機材大型化決定。ビジネスクラスはフラットシートに。』の画像

今日は名古屋に来ている。つい先程まで、ある案件の打ち合わせ兼会食に参加していたため、ホテルへの戻りが遅くなってしまった。少しだけ今日の会食についてお伝えすると、参加者6人中5人が資産数十億円以上のお金持ち。その中にポツンと年収300万の自分が入るという、絵的に
『JALの国内線でビジネスクラスに乗ろう。国際線機材が国内線の運用に入る区間と日程(2019年3月)』の画像

JALはJGC会員及びステータス会員(クリスタル以上)対象に、海外で「JAL Global WALLET」を使うと、2,000FOP積算されるキャンペーンをスタートさせた。FOP(フライ・オン・ポイント)は上位ステータスを狙うには必須のポイントで、マイルと異なり通常は飛行機に乗らないと加
『【JAL】飛行機に乗らずに2,000FOP稼げる!JGC修行にも有効です。』の画像

今日はJALのビジネスクラスをお得に購入する方法をご紹介したい。各方面とも使える方法ではあるが、わかりやすいようにグアムまで行く場合を例に説明していこうと思う。まずJALのサイトでグアムまでのビジネス料金を確認すると、繁忙期は片道80,000円かかることがわかる。往
『JALのビジネスクラスをちょっとだけお得に購入する方法。』の画像

ANAやJALの飛行機は、見た目は同じでも、国際線と国内線で使う機体を区別している。ご存知の通り国際線はビジネスクラスが搭載されており、足元も広々。エコノミーでもシートモニターやUSBの挿入口などが装備されている。一方、国内線は飛行時間が短いので、そこまで豪華な設
『JALのビジネスクラスで国内を移動しよう。国際線機材が国内線の運用に入る時刻と区間(2018年11月)』の画像

ビックカメラで買い物をすると、ビックポイントもしくはJALのマイルが貯まるのはご存知だと思う。自分は飛行機に乗ることが多いので、いつもマイルを選んでいる。マイルにできるのは通常ビックポイントの30%分になるが、2018年10月1日から40%にレートアップされるキャンペー
『ビックカメラJMBWAONカードのレートアップキャンペーン実施中。マイル4重取りもOK!』の画像

JALは成田⇆マニラで運行しているB767-300ERを、2019年2月1日からB787-8に機種変更すると発表した。(JALプレスリリース)B787-8のビジネスクラスは長距離仕様のSKY SUITEが搭載されており、窓側席はプライベート感たっぷりの半個室風。フルフラットで、全席通路アクセス可能
『JALのマニラ線ビジネスクラスに長距離仕様のSKY SUITE就航!』の画像

2019年2月1日よりJALの羽田⇆マニラが新規就航するのに伴い、嬉しいキャンペーンが2つ同時に開催される。 まず一つ目がダブルマイルキャンペーン。キャンペーン期間中に羽田⇆マニラの新規就航便に乗ると、フライトマイルと同数のボーナスマイルが積算される。詳細は以下の
『JALのマニラ線が熱い!嬉しいキャンペーンが2つ同時開催。』の画像

JALカード会員は毎年初回搭乗で2,000ボーナスマイルが貰えるのはご存知だと思う。JGC会員ならさらに3,000マイル貰えるので、一回の搭乗で5,000マイルも加算されることになる。(→JGC会員は年に一度はJALに乗ろう)5,000マイルは東京⇆大阪なら18回も乗らないと稼げない。そ
『5,000ボーナスマイルを貰うためにJALで名古屋に行ってきた。』の画像

JALから嬉しいニュースが発表された。2019年2月1日より羽田⇆マニラ線が開設され、成田便と合わせると毎日3往復体制になるらしい。ANAは羽田からマニラに直行便を飛ばしているが、JALは成田しかなかったので、フィリピンに出入りしている身としては嬉しい限り。運航スケジュ
『祝 JALマニラ線増便!羽田からマニラに直行で行けます。』の画像

JGC会員の方は、今年の初回搭乗は済まされただろうか?修行では張り切って乗ったのに、解脱したら満足感で満たされて、以後一度も乗ってないと言う人も少なからずいると思う。もし該当するなら、年内に最低1回はJALに乗っておこう。 JGC会員は毎年初回の搭乗で、  ・JALカ
『JGC会員は年に一度はJALに乗ろう。最安1万円で5,000マイル稼げます。』の画像

JALやANAの飛行機は、外観は同じでも国際線と国内線で使う飛行機を分けている。国際線は飛行時間が長いため、ビジネスクラスやファーストクラスを搭載し、長時間のフライトでも疲れない空間が確保されている。ただ、その分料金はべらぼうに高い。一方、国内線は飛行時間が短
『たった1,000円でJALのビジネスクラスに乗れる!国際線の機材が国内線の運用に入る日程と区間(2018年8月)』の画像

JALの「どこかにマイル」で北海道をたっぷりと満喫して、これから東京に帰る。 一応JALからは最終の羽田行きを割り当てられているが、明日も朝から用事があるため、できれば予定を繰り上げて帰りたい。(→どこかにマイルで四国行きを狙ってみた。でも結果は・・)そこで、空
『やってて良かったJGC修行。JGCは空席待ちでも強かった。』の画像

JALは往復6,000マイルで日本のどこかに行ける「どこかにマイル」という企画を実施している。「どこかにマイル」は予約時点で4つの候補地が示されるが、最終的な行き先を決めるのはJAL。行き先がどこになっても構わない人や、直前まで目的地がわからないミステリー感が好きな
『JAL「どこかにマイル」で四国行きを狙ってみた。でも結果は・・・』の画像

JALは往復6,000マイルで、日本のどこかに行ける「どこかにマイル」という企画を実施している。「どこかにマイル」は4つの候補地が提示され、その中からどの都市に行けるかはJALが決める。つまり航空券を予約する時点では目的地がわからないという、ミステリー感のある企画に
『JALのマイルでJR四国の特急に乗り放題!乗車当日に空席があれば無料で指定席に変更もOK。』の画像

JALはウエブサイト限定で、国際線の特典航空券に必要なマイル数をディスカウントするプロモーションを実施している。  目的地によっては1万マイル以上安くなるので、海外へお出かけ予定の方はチャンス。各方面の必要マイル数は以下の通り。 table { border-collapse: colla
『JAL国際線特典航空券のマイル減額プロモ開催中。但し日本語サイトでは発券不可なのでご注意ください。』の画像

JALのマニラ線と言えば、数年前までオンボロ機の定番路線で、ビジネスクラスは国内線のプレミアムクラスに毛が生えた程度のレベルだった。ところが2015年くらいから急速に改善が進み、2015年はフラットNEOを、2016年からはスカイスイートⅡが充当されるようになった。マニラ
『ついにマニラ線にもJAL SKY SUITEⅢの就航が決定。JALの進化が止まらない。』の画像

JALは国内線に関する3問のクイズに正解すると、もれなく100マイル付与される「Answer a short quiz」を実施している。なぜかこのクイズはJALの英語サイトから入らないと辿り着けない。以下にリンクを貼っておくので、JALのことなら任せろという方は、こちらからどうぞ。https
『JALで3問のクイズに正解すると100マイルもらえます。運が良ければアマゾンギフトカード5,000円分も。』の画像

JTAとRAC(琉球エアコミューター)は3日間で沖縄の離島を16回も飛びまくる、アイランドホッパーを販売している。このツアーは目的地に行くことよりも、フライトそのものを楽しむことを狙いとしている。離島に降りても観光する時間はほどんどなく、降りては乗っての繰り返し。
『JGC修行にアイランドホッパーはいかが?総額50万、10日間で達成可能。』の画像

JALカードホルダーの皆さんはツアープレミアムに入会されているだろうか。ツアープレミアムとは、パッケージツアーや先得割引など、マイル積算率が低い航空券でも、100%加算してくれる有料会員制度になる。出張費が潤沢にある法人は別として、個人で乗る場合は積算率が低い航
『JALカードを持ったらツアープレミアムには入っておいた方が良いかも。』の画像

JALの2017年11月分の時刻表を見ると、国際線機材が数本、国内線の運用に入るようだ。国際線機材にはビジネスクラスが搭載されているため、クラスJを選ぶと、たった1,000円でビジネスクラスシートを体験できる。運航スケジュールは以下の通り。 table { border-collapse: col
『JAL 国際線機材が国内線の運用に入る時刻と区間(2017年11月)』の画像

先日JALの「どこかにマイル」を使って熊本に行ってきた。(→どこかにマイル、欲しい行き先は新千歳。結果はいかに?)その際乗った飛行機は前方5席がファーストクラスになっていた。JALが国内線でファーストクラスを設定しているのは羽田から新千歳、伊丹、福岡、那覇のみ。
『知らなかった!クラスJなのにファーストクラスに乗れる!但し運次第。』の画像

JALカードのCLUB-A以上を持つと、毎月AGORAという情報誌が届く。中身がエグゼクティブすぎて、自分に役立つ情報は少ないものの、一応は目を通させてもらっている。AGORAはJALグループの、JALブランドコミュニケーションという会社が発行部数や読者層をHPに詳しく掲載しており
『JALグローバルクラブ会員の平均年収は1,412万だと!?』の画像

JALは往復6,000マイルで、4つの候補地の中からいずれか一ヶ所に行ける「どこかにマイル」というサービスがある。通常なら往復1万マイル以上必要なところ、たった6,000マイルで旅に出られるのはかなり魅力的。但し目的地はJALが決めるので、自分が意図しない場所に連れて行か
『JALどこかにマイル、欲しい行き先は新千歳。結果はいかに?』の画像

JGC会員になると暦年内初回の搭乗に対してJALカードボーナスが2,000マイル、さらにJGC会員ボーナスが3,000マイルの合計5,000マイルが付与される。たった1回の搭乗で飛行マイルとは別に5,000マイルもらえるのは結構デカイ。先月函館にANAで行く予定だったところ、5,000マイル
『JGC会員は用事がなくても年に1回JALに乗っておこう。』の画像

JALは国内線と国際線で使用する飛行機を区別している。(ANAも)国内線は飛行時間が短いので国際線に設けられているファーストクラスやビジネスクラスといった豪華なシートは必要ない。よって一般的には国際線機材の方が豪華な仕様になっている。国際線ならシートモニターが
『2017年7月はJALの国際線機材で国内を飛び回るチャンス!』の画像

↑このページのトップヘ