フィリピン永住権取得の道

フィリピンの永住権(クオータビザ)取得とエアライン&ホテル利用記

フィリピン永住権取得の道 イメージ画像
スマホTOP

TOP2

2633

ANA/SFC

当ブログで年間21万マイル貯める手法を初めてご紹介したのが2014年。それから4年が経過して、ルール改定などでマイルを稼ぐ手法も少しずつ変わってきた。いつまでも昔の手法を掲載しているのも気になるので、今日は新しいマイル量産手法を整理してみようと思う。マイルを量産
『ANAマイルを年に数十万単位で貯める手法をご紹介します。【ニモカルート編】』の画像

以前、ANAの国内線にお得に乗れるチケットとして「ANA Experience Japan Fare」をご紹介した。このチケットは国内線が5,400円〜10,800円で乗れる上に、積算率が100%なのでSFC修行にも有利。 例えば羽田⇆石垣なら10,800円で2,448PP貯まるので、最安226,800円で5万PPに到達す
『ANA ディスカバージャパンなら国内線がお得です。日本人も購入OK!』の画像

ANAは2018年10月28日搭乗分から、特典航空券(国内線)の予約期間を拡大して、これまで搭乗日の2ヶ月前から受付開始だったものが、運行ダイヤ期間ごとの一斉受付になる。これがどういう意味か良くわからない方に説明すると、飛行機は4ヶ月に一度の割合でダイヤを修正している
『ANAの国内線特典航空券を確実に予約する手法。』の画像

今日乗った函館行きのANAで嬉しいサプライズがあったので、僭越ながらご報告したい。空港に行くと、旅行者が持っているトランクやスーツケースに、航空会社のステッカーが貼られているのを見ることがある。できれば自分のトランクにも目印代わりに貼りたいが、どこに行けば手
『ANAの機内で嬉しいサプライズ!地上スタッフとの連携に感動。』の画像

ANAは訪日外国人観光客と海外の永住権を持っている日本人を対象に、国内線が5,400円〜10,800円で乗れる「ANA Experience Japan Fare」を販売している。この航空券は東京⇆石垣などの国内線長距離路線も10,800円で乗れる上に、マイルとPPの積算率は100%。仮にこのチケットで
『【海外永住権の特権】ANA Experience Japan Fareの予約期限を延長する裏技。』の画像

福岡空港に来た。これからソウルを経由して東京に戻る。ソウルは乗り継ぎだけなので、滞在時間は4時間程度。 観光や買い物などは一切せず、単に乗り継ぐためだけにソウルに行く。福岡→東京なら直行便で2時間足らずなのに、なぜわざわざソウルを経由するのか?とお感じになる
『福岡からソウル経由で東京に帰る。食事は無料で映画も見放題なのに消費マイルは抑えられます。』の画像

ANAは羽田と成田から毎日1便ずつマニラに直行便を飛ばしているが、うち羽田発が2018年6月から通年でB789の運行になった。今までは中型のB787で運用される日もあったので、B789に固定されたのは嬉しい限り。飛行機に興味がない方からすると、機種なんかどうでも良いと思うが、
『ANAの羽田⇆マニラが通年でB789の運行に。SFC会員ならプレエコに無償アップグレードできます。』の画像

ANAとJALはフルサービスキャリアとして、国内線はもちろん国際線にも多くの路線を持っている。両社とも国内線と国際線で使用する航空機を分けており、飛行時間の短い国内線はシートモニターが装備されていないなど、国際線の飛行機よりも簡素な仕様になっている。しかし運用
『ANAの乗り得路線が減少。国際線機材で国内線に乗れるのは「羽田⇆関西」のみに。』の画像

ANAは2018年10月28日以降に適用する新しい運賃制度と、特典航空券のルール変更を発表した。エアライン関連でルール変更と言えば、イコール改悪を意味するケースがほとんど。しかし今回の変更内容を精査した限りでは、改善の方が大きいと思う。詳細は以下の通り。 table { bo
『ANAが国内線特典航空券のルール変更を発表。予約期限は搭乗4日前→前日に変更されて使いやすさが大幅UP!』の画像

これからANAの特典航空券で香港から羽田に移動する。使うのは今回もビジネスクラス。年間21万マイル貯める手法を実践してからは、毎月どんどんマイルが増えて行くので、ビジネスクラスに乗らないとマイルの消費が追いつかない。2018年3月以降も毎月2万マイル以上が続々と期限
『ANAのビジネスクラスで香港から羽田に移動。安定の快適さだった。』の画像

先日、台北(桃園)空港にあるエバー系のインフィニティラウンジを使った。内部の様子を2分半程度の動画にまとめたので、よろしければご覧ください。さて、今日の本題。ANAは2017年10月1日から国際線に連結する国内区間のマイル積算率を、これまでの一律100%から、ブッキング
『残念、無念。ANA Experience Japanの積算率が100%→30%に下落。予想よりも早くメスが入った。』の画像

これからANAのB789で羽田からマニラに向かう。 マニラ線と言えば、少し前まで旧型機種の定番路線だったのに、今では最新のB789が飛んでいる。 JALも負けじとスカイスイートⅡを成田からダブルデイリーで飛ばしているし、フィリピン航空も最新のシートを積んだA330を投入する
『ANAのプレミアムエコノミーは予想以上に快適だった!マニラ線のプレエコは特に狙い目です。』の画像

ANAのダイヤモンド、プラチナ、SFC会員は、国際線の搭乗手続き時に空席があれば、無料でプレミアムエコノミーにアップグレードできるサービスがある。全てのブッキングクラスでアップグレード可能で、なんと特典航空券も対象になる。東京からマニラまでは3時間半程度のフライ
『ANAプレミアムエコノミーの無償アップグレードに挑戦。結果ミッション成功。』の画像

ANAは2018年4月1日からプレミアムクラスのアップグレード料金を、需要に合わせて5段階に分類するようだ。現在はプレミアムクラスに当日アップグレードする場合、路線に関係なく一律9,000円で乗れる。これを羽田⇆那覇や羽田⇆石垣などの人気路線は値上げし、逆に大阪⇆松山や
『2018年4月からプレミアムクラスが5段階の料金制に。SFC修行定番路線の羽田⇆那覇は大幅値上げ!』の画像

これからANAで成田から仙台へ向かう。 仙台行きは羽田からの設定がないので、飛行機で行く場合は成田から出発することになる。 成田発の国内線が楽しみなのは、何と言ってもラウンジ。 成田にはアライバルラウンジと言って、国際線で成田に到着した上級会員やビジネスクラス
『ANAの国内線は成田発がお得かも。搭乗前にラウンジでおにぎりとサンドウィッチをお腹いっぱい食べてきた。』の画像

ソウルの用事を終えて、これから日帰りで日本に戻る。 利用するのはアシアナのエコノミークラス。 2016年にSFC修行をしてスターアライアンスゴールドを手に入れたので、エコノミーでもビジネスクラスカウンターやラウンジが使える。 お金と時間をかけて修行したのも、今
『海外へ出かける時は、エアラインのステータスカードを忘れずに。』の画像

最近のANAラウンジは大変混雑しており、優先搭乗も優先にならないくらい長蛇の列なので、プレミアムメンバー(DIA、PLT、SFC)は相当増えているんだろうなと感じていた。あまりに増えすぎると特別感が薄くなるので、SFCのようにカードを持つだけでプレミアムメンバーに据え置
『ANAのプレミアムメンバーはマイレージクラブ会員のわずか1%。予想よりも全然少なかった。』の画像

ANAから2018年用の卓上カレンダーとデスクダイアリーが届いた。これは2017年にダイヤモンド及びプラチナ会員で、且つ受付期間内に希望登録した人のみ送られてくる。ノーマルのSFC会員はデスクダイアリーではなく、SFC会員限定手帳になるので、来年以降プラチナになる可能性が
『ANAから2018年用のデスクダイアリーが届いた。多分もう二度と貰えないので中身をチェックしておく。』の画像

ANAからウエルカムバックキャンペーンという、対象者限定の案内が届いた。キャンペーンに登録してANAに乗ると、2区間搭乗する度にスカイコインが貰えるらしい。詳細は以下の通り。登録期間:2017年11月10日〜2018年3月31日搭乗期間:2018年1月1日〜2018年3月31日特典内容:2
『[対象者限定]ANAウェルカムバックキャンペーンで2区間搭乗毎に最大3,000コイン付与!』の画像

超大型の台風21号が日本列島に接近している。(ウェザーマップ社より引用)2017年10月21日10:00時点で、中心気圧が925hPa、最大風速50メートルと、正にモンスタークラス。災害が出ないことを祈るばかり。そんな中、台風が接近する時間とバッチリ重なった特典航空券を持ってい
『超大型台風接近で予約便の運航危うし。期限切れ直前の特典航空券はどうなるのか?』の画像

ANAからチョイスdeスマイルキャンペーンの案内が届いた。このキャンペーンに登録して、旅作(航空券とホテルのセット)を組むと、マイルもしくは割引クーポンがもらえる。詳細は以下の通り。予約期間:2017年10月2日〜2017年11月30日出発期間:2017年10月4日〜2018年5月31日
『ANAチョイスdeスマイルキャンペーンでマイル4重取り!旅費2.6万円で最大5,000マイルも。』の画像

ANAの国際線はファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの4グレードに分類されている。このうち最も新しく設定されたのはプレミアムエコノミー(以下プレエコ)で、シート間隔や機内サービスを見ると、正にビジネスとエコノミーの中間と言ったところ。ビジネ
『ANA マニラ行きのプレエコは全席アップグレード用に開放!上級会員なら無償でアップグレードできます。』の画像

ANAから国内最長路線の那覇⇄新千歳を期間限定で増便するとの発表があった。日本は狭いとは言え、那覇から新千歳までは片道3時間10分、逆ルートの新千歳から那覇は気流の関係で3時間55分もかかる。これだけ長い距離を飛ぶので、一回の搭乗で積算されるPP(プレミアムポイント
『国内最長路線の那覇⇄新千歳が期間増便。SFC修行で使えるかと思ったら残念な時刻設定だった。』の画像

ANA Experience Japan Fareは国内線が一律10,800円で乗れるスペシャルお得な航空券。しかもPPとマイルの積算率は100%なので、例えば羽田→石垣なら一度の搭乗で2,448PPも稼げる。PP単価は驚異の4.41。1PPが10円を切ると優秀と言われている中において4.41はかなりの破壊力だ。
『ANA Experience Japan FareのPP積算率は2018年10月以降100%→30%に下落か。』の画像

ANAは国際線に連結する国内区間の積算率をこれまでの一律100%(Fは150%)からブッキングクラス別に30%〜150%に変更すると発表した。ANAのHPにさらっと告知が出ていたが、修行僧とっては聞き捨てならない。場合によっては修行方法そのものを見直さないといけない事態だ。国際
『ANAは国際線の国内区間にメスを入れると発表。修行は2018年9月までに済ませるのが吉。』の画像

ANAのダイヤモンド、プラチナ及びSFC会員になると、会員特典としてカレンダーや手帳がもらえる。ダイヤモンド、プラチナ会員は卓上カレンダーとデスクダイアリー、SFC会員は手帳と壁掛けカレンダーもしくは卓上カレンダーになる。いずれも不要の場合は500マイルもらえるので
『ANA ダイヤ、プラチナ、SFC会員の皆様。2018年のカレンダー、手帳の選択締め切りがボチボチです。』の画像

日本国内と言えども目的地までの直行便がなく、やむを得ず乗継ぎせざるを得ないことがある。乗り継ぎは片道で飛行機に2回乗るため、都度運賃を取られると非常に高額になってしまう。直行便なら乗り換え無しで運賃も安いのに、乗り継ぎは時間がかかる上に運賃が高いという、な
『ANA乗継旅割はSFC修行に有効か確認してみる』の画像

ANAの株主になると保有株数に応じて株主優待券がもらえる。株主優待券を使うと片道普通運賃が50%割引になるため、修行で使っている方も多いと思う。株主優待券はヤフオクやチケットショップでも売りに出ており、相場はおよそ3,000円。普通に航空券を購入するより株主優待割引
『クロス取引でANAの株主優待券を手に入れた。投じた費用はわずか685円。』の画像

5月はゴールデンウィークが入る事もあって、プレミアムクラスは全体的に高めの料金に設定されている。去年までお得に設定されていた路線も安売りしすぎたと気づかれたのか、2017年は総じて料金が高い。主にプレミアムクラスで修行されている方にとっては、なかなか鬼門の月で
『2017年5月のプレミアムクラスは安い路線が少ないので修行対策を一考』の画像

先日、ANAの旅作を予約する際、ハピタスを経由すると1,500円のキャッシュバックが受けられる話題を取り上げた。フィリピン永住権取得の道@ph_visaフィリピン永住権取得の道 : ANA旅作 1500円キャッシュバック+ボーナスマイルでダブルにお得 https://t.co/ZLBp6fgUFV2017/04/
『続報!九州ありがとうクーポン適用で旅作がさらに2,000円引きに』の画像

ANAの「旅作」は航空券とホテルがまとめて予約できる旅行商品。搭乗便やホテルが自由に選べるとあって、出張や旅行などで利用されている方も多いと思う。一応ツアー扱いになるものの添乗員が付くような団体旅行ではなく、自分の責任において移動する個人旅行になる。この旅作
『ANA旅作 1500円キャッシュバック+ボーナスマイルでダブルにお得』の画像

これからゴールデンウィーク、少し先には夏休みを控え、貯まったマイルで旅行に行きたいとお考えの方も多いと思う。いざ予約しようと思ったらほとんどが満席で、結局特典航空券は取れなかったなんてことが多々ある。確実に特典航空券を予約するには空席に合わせて予定を組む
『ANA国内線特典航空券を確実に予約する技』の画像

ANAから2017年度用のプラチナステータスカードが送られて来た。デザインは昨年度と変わりがないようだ。ANAのプラチナやSFC会員は何万といるだろうから、国内線利用に至ってはプレミアム感は薄い。しかしながら海外ではこのカード一枚有る無しで状況が大きく異なる。最も効果
『ANAから2017年度用のプラチナステータスカードが届いた』の画像

↑このページのトップヘ