フィリピン永住権取得の道

フィリピンの永住権(クオータビザ)取得とエアライン&ホテル利用記

フィリピン永住権取得の道 イメージ画像
スマホTOP

TOP2

2633

お得にマイルを稼ぐ

これまで税金や公共料金をJMBWAONで支払うと、毎年数万マイルが余裕で貯まることを紹介してきた。マイルを貯めるために何か買い物をしたり、アンケートに答えたりしなくても、口座振替やクレジットカードで支払っている税金や公共料金を、JMBWAONの支払いに切り替えるだけで
『東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル「オークラ東京ベイ」に無料で宿泊する方法。』の画像

今日はJALのビジネスクラスをお得に購入する方法をご紹介したい。各方面とも使える方法ではあるが、わかりやすいようにグアムまで行く場合を例に説明していこうと思う。まずJALのサイトでグアムまでのビジネス料金を確認すると、繁忙期は片道80,000円かかることがわかる。往
『JALのビジネスクラスをちょっとだけお得に購入する方法。』の画像

当ブログで年間21万マイル貯める手法を初めてご紹介したのが2014年。それから4年が経過して、ルール改定などでマイルを稼ぐ手法も少しずつ変わってきた。いつまでも昔の手法を掲載しているのも気になるので、今日は新しいマイル量産手法を整理してみようと思う。マイルを量産
『ANAマイルを年に数十万単位で貯める手法をご紹介します。【ニモカルート編】』の画像

函館に来た。 今日の東京は気温35℃を超える猛暑なのに、さすが北海道だけあって日が落ちると涼しい。 半袖シャツ一枚だと少し肌寒いくらい。 ソラチカルート閉鎖以降、自分はニモカルートでマイルを増やしているが、ニモカは貯めたポイントをANAマイルに交換する際、専用
『ANAマイルを爆貯!ニモカポイントをANAマイルに交換してきた。』の画像

SBIのポイントモールに「SBI FX」の口座開設&取引で5,000マイル稼げる案件が出ている。投資に不慣れな方はFXという言葉を聞いただけで抵抗感があるかもしれないが、今回の案件は口座を開設して10万円を入金後、一度だけ取引すればポイント付与条件を満たせる内容になってい
『SBI FXの口座開設&取引で5,000マイルをノーリスクで稼げます。』の画像

ソラチカルート閉鎖後の新しいマイル爆貯ルートとして、ANA VISA nimocaカードを使ったニモカルートを推奨させてもらっている。このルートを使えば、ポイントサイトで貯めたポイントの7割がANAマイルに交換できる。ソラチカルートの9割よりは劣るものの、かなりの高還元。一
『大失態!nimocaのポイント交換機を間違えてマイルに交換できず。皆さんもご注意ください。』の画像

以前、税金や公共料金をJMBWAONカードを使ってミニストップで支払うと、100円につき2マイル貯まることをお伝えした。(→2018年は税金や公共料金をJMBWAONで払ってJALマイルを貯めよう)税金は公平公正が原則なので、口座振替か現金払いしか選べない自治体がほとんど。最近は
『税金や公共料金をJMBWAONで払い続けたら、5ヶ月で9,000マイルも貯まった。』の画像

2018年4月末で手持ちのANAマイルが2万マイル以上期限切れになる。(画像は2018年2月にスクショしたもの)マイルを大量に貯める手法を実践しすぎて、使いきれないくらいにまで増やしてしまったのが原因。ANAのマイルは獲得してから36ヶ月以内に消化しないと、期限切れで失効し
『今月もマイルを使いきれずに期限切れ寸前。ソラチカループで失効をギリギリ回避。』の画像

保有しているANAマイルが2018年3月末で7,960マイル失効する。マイルを爆発的に貯める手法を実践しているため、使っても使ってもなくならない。(→ANA VISA nimoca到着。これでマイルを爆貯できる。)海外に行く時はビジネスクラスに乗り、国内移動も飛行機をメインで使って
『ANAマイルの有効期限を延ばす方法。ソラチカループなら簡単に且つ最小限のロスで延命できます。』の画像

先日、陸マイラー必須のソラチカルートが、2018年3月31日で寸断されることをお伝えした。ソラチカルートとは、ハピタスやモッピーで稼いだポイントを、PeX→メトロポイント→ANAと移動させると、稼いだポイントの90%がマイル化できることを言う。このうち、PeX→メトロポイン
『ソラチカルート閉鎖前にモッピーでポイントを稼いでメトロポイントに流しこもう。』の画像

これまで「年間21万マイル貯める手法」を繰り返しご紹介してきた。ハピタスやモッピーでポイントを貯めて、PeX→メトロポイント→ANAと流し込むと、90%がANAマイルと交換できる。 この手法で毎月最大18,000マイル、年間最大216,000マイルも稼げるので、ビジネスクラスでもフ
『【悲報】ソラチカルートに異常発生。ハピタスからANAマイルへのゴールデンルートが寸断されるも救世主現る!』の画像

これまで当ブログにて「年間21万マイル貯める手法」をご紹介してきた。この手法を実践すればビジネスクラスでもファーストクラスでも気軽に乗れる。今ではマイルの消費が追いつかず、このまま放置すれば、年明けから毎月2万マイルずつ失効する勢い。以前は年に1万マイル貯め
『年間21万マイル貯めるための推薦ポイントサイト「ハピタス」。出川哲朗氏を起用してTVCM開始。』の画像

最近忙しくてマイルのことを気にしている余裕もなく、今日久しぶりにANAのアプリを覗いたら失効3ヶ月前だった。このまま放置すれば2018年2月から毎月2万マイルずつ消えていく。 2万マイルあればマニラやセブ、台北や香港までの特典航空券が発券できるので、このまま失うのは
『気づいたらマイル失効3ヶ月前だった。このまま放置すると毎月2万マイル消えていく。』の画像

ハピタスやゲットマネー、げん玉など、ポイントサイトは数あれど、還元率は最大でも100%のところがほとんど。100%還元とは支払額と同額がキャッシュバックされることを意味する。つまり実質無料で商品やサービスを手にすることができる。企業としては案件を利用した一部の顧
『電車移動中にサクッとマイル稼ぎはいかがでしょうか?続ければ格安でビジネスクラスに乗れます。』の画像

フィリピンと聞くとマニラよりもセブを先に思い浮かべる人も多いかもしれない。セブはリゾート地として人気が高く、数年以内にシェラトンやデュシタニなどの高級リゾートホテルが続々オープンする予定。海も綺麗なので今後さらに人気が高まりそう。日本からセブ島までは直行
『4万マイル貯めてビジネスクラスでセブに行く為の具体的行動と予算を整理してみた。』の画像

これまで複数回に渡り「年間21万マイル貯める手法」をご紹介してきた。 1人で1年に21万マイル貯まるので、4人家族なら84万マイルも貯まる。 (詳細は上のアイコンをクリックしてリンク先をご覧ください) これだけあればビジネスでもファーストでも余裕。 家族全員で乗った
『「貯める工夫」×「使う工夫」でマイルの価値を最大限に高めよう』の画像

デルタのメダリオン会員とSPGのゴールド・プラチナ会員をリンクさせると、デルタスカイマイルとSPGスターポイントがダブルで貯まるクロスオーバー制度がある。例えばSPGゴールド・プラチナ会員がデルタで成田からマニラに飛んだら、通常積算されるマイルとは別に1ドルにつき1
『デルタのクロスオーバーリワード。破壊力は低いが登録して損は無し。』の画像

2016年のANAマイルは、加算が76,977マイル、減算(消化)が135,000マイルで2015年比マイナス58,023マイルとなった。それでもまだ20万マイル以上残っている。以前より年間21万マイル貯まる手法をご紹介しているが、2016年はSFC修行のため手法の実践を封印していた。と言うのも
『ANA 2016年のマイル積算結果』の画像

2016年7月28日に放送されたアメトークで旅芸人が保有するマイル数が公表されていた。旅芸人とは主に番組ロケで頻繁に海外に出向く芸人の事を言うらしい。出演者の保有マイル数は出川哲朗129万、宮川大輔80万、千原せいじ20万だった。(品川庄司も出演していたが保有マイル数
『アメトーークで旅芸人の保有マイルが公開されていた』の画像

2016年5月時点のANAマイル残高は15万ちょっと。先日から数回に渡ってビジネスクラスの搭乗記を紹介したが、すべて特典航空券で発券している。フィリピン永住権取得の道@ph_visaフィリピン永住権取得の道 : アシアナ航空 ビジネスクラス搭乗記[HND→GMP] https://t.co/WhVYo
『ANAマイル残高[2016年5月時点]』の画像

2016年に入り、早くも3ヶ月が過ぎようとしている。年明けから大阪、ソウル、マニラと移動し、秋口までに札幌、石垣、台北などへの訪問を予定している。これだけ移動すると当然に旅費が嵩むのだが、特典航空券を使っているためほとんどタダ。特に海外行きに関してはすべてCク
『ANA マイル残高[2016年3月時点]』の画像

2016年は仕事やバカンス、クオータビザ関連で、すでにいくつか海外への渡航予定が入っている。昨年4月に独立して収入は安定しているとは言えず、高額な飛行機代を出せる程お金に余裕はない。しかしながら、すでに5区間においてC(ビジネス)クラスを確保している。ビジネスク
『ANA ビジネスクラスをお気軽に発券する』の画像

2015年8月だけで合計8区間の特典航空券を発券した。使用したマイル数は約7万。100円で1マイル貯まるクレジットカードの場合、700万円使用して貯まるマイル数に相当する。たった1ヶ月でこれだけ消費してもまだ25万マイル近く残っている。プレミアムポイントが「0」のため、有
『年間21万マイル貯める手法を解説』の画像

これから夏休みを取得されるご予定の方も多いのではないだろうか。夏休みは旅行代金が高騰するため、これまで貯めたマイルを使ってお得に旅をしたいところ。年間20万マイル以上貯める手法を使っているため、現在30万マイル近くある。これを使って、一気に特典航空券を発券す
『夏休みは特典航空券発券三昧』の画像

今日はJALマイルを大量に稼ぐ手法をご紹介したい。稼ぐと言っても、何かのアンケートに答えて数マイル稼いだり、ポイント2倍の日に買い物するような小さい稼ぎではない。月に万単位のマイルを稼ぐ話だ。稼ぎ方は以前ご紹介したANAマイルを年間21万マイル稼ぐ手法と基本的に同
『JAL マイルをザクザク稼ぐ』の画像

飛行機のマイルを貯めて、ファーストクラスやビジネスクラスで海外に行きたいとお考えの方も多いのではないだろうか。しかしながら日々の買い物だけでは、航空券に交換できるだけのマイルが貯まらず、期限が切れてしまった経験をお持ちの方もいらっしゃると推測する。かつて
『マイルの消費に困る』の画像

これまでにANAマイルを年間20万マイル以上貯める手法を紹介してきた。人に紹介する限りは自分が実践していることが大事だと思っており、2015年3月末でちょうど1年分のマイルが積算されたのでここで公表したい。上記の通り22万強のマイルが貯まった。22万マイルあれば、ハイシ
『ANAマイル1年間貯めてみて』の画像

すでに何度かこのブログでも報告している通り、2014年の1年間でANAのマイルを20万マイル近く稼いだ。(画像は35000マイルを一度消費した後のモノ)2014年にお金を払って搭乗したのは羽田→伊丹の一回のみ。それでも20万マイル稼ぐ事ができた。その手法は何度も紹介しているが
『年間21万マイル稼ぐ心構え』の画像

2015年も早いものであっという間に3月になった。年度末で出張が重なり、うんざりしている同士も多いのではないだろうか。そんな同士のために、出張しながらガッツリとマイルを頂いてしまう話題を取り上げたい。ポイントサイトのモッピーでTトラベルという案件がある。Tトラベ
『格安国内出張で3600マイル』の画像

2014年は私にとってANAのマイルを貯め始めた初年にあたる。それまではデルタやユナイテッドといったマイル有効期限のないアメリカ系エアラインに集中させていたが、特典航空券に必要なマイル数が改悪され続けたことで、遅ればせながら日系エアラインに目を向けた。2014年が終
『ANA 2014年マイル積算実績公開』の画像

ANAで検索すると修行してスーパーフライヤーズカード(SFC)の取得を目指している方が多い事がわかる。このカードを持っている限り、ずっとスターアライアンスのゴールドメンバーとなるわけだから、 少しでも楽に旅がしたいと考えるトラベラーの気持ちもよくわかる。実際、私
『SFCの修行は必要か?』の画像

ANAのマイルを貯めるようになってから毎月11日が大変気になるようになった。それは11日にメトロポイントが付与されるからだ。以前にも紹介したが、ソラチカカードは実にポイントの90%をANAマイルに反映できる非常に大きな特典を持つ。例えば10,000ポイントだと9,000マイル。
『ANAのマイルを爆発的に貯める』の画像

以前にハピタスやゲットマネーを使い、Pexを経由してメトロポイントを貯めるとANAのマイルが簡単に貯められるという話題を取り上げた。(過去の記事はこちら→ハピタスでビジネスクラス)今日は2014年5月分として実際に積算された実績を公開したい。画像にもある通り、2014年
『【実績公開】メトロポイント2014年5月分』の画像

クオータービザの取得手続きが再開されたとの吉報を受け、さっそく次の渡比スケジュールを立てた。今回はポイントサイトのハピタスとゲットマネーで貯めたポイントから交換したマイルで、特典航空券を発券することにした。(ハピタスの記事はこちら→ハピタスでビジネスクラ
『ANA 特典航空券を発券』の画像

無料でマイルを稼ぐと聞くと資料請求や会員登録などを思い浮かべるが、一件一件登録するのは結構大変な作業である。1件登録しても20〜30マイル。中には5マイル程度のものもある。これで何千マイルも貯めるのはチョモランマに登るくらい気が遠くなる。今日は最初の登録だけ済

↑このページのトップヘ