これからANAの国内線で成田から新潟に向かう。

4022

東京から新潟へは新幹線に乗れば2時間足らずで行けるので、わざわざ成田から飛ぶ人は少ないだろうと思いきや、搭乗手続きは長蛇の列。

地上スタッフの話では本日満席のご予約を頂いておりますとのことだった。

これほどまで需要があるなら、今後成田発着の国内線が増えるかもしれない。

成田発の国内線で楽しみなのは何と言ってもラウンジ。

成田の国内線ラウンジは国際線の到着ラウンジと兼用なので、おにぎりやサンドイッチなどのサービスがある。

今日はここでお腹を満たすために、飲まず食わずでここまで来た。
夕食も兼ねるくらいの勢いでガッツリいただこうと思う。

こちらがラウンジの入り口。

4019

ビジネスクラスやプレミアムクラス利用者、ダイヤモンド、プラチナ、SFC会員などが利用できる。

席を確保してさっそくフード類の物色開始。

まずはサンドイッチコーナー。

4021

一つ一つ丁寧にラップされているところがなんとも日本らしい。

フィリピンなら裸で置かれて確実にパサパサになっている。

こちらはおにぎりコーナー。

4020

ツナと鮭わかめの2種類あった。
恐らく国際線の出発ラウンジに置かれているものと同じだと思う。

その他にもパンとデニッシュ、あられやクッキーのコーナーもあった。

とりあえず第一弾としておにぎりとサンドイッチを頂く。

4018

うっうまい。最高。

世の中にはもっと美味しいおにぎりとサンドイッチがあるが、タダで食べられると思うと、美味しさが引き立つ。

その後もおかわりを繰り返し、大満足でラウンジを後にした。

成田は都心から少し距離があるが、格安バスを使えば1,000円前後で行ける。

皆さんもたまには国内線の出発を成田にして、お得で便利なアライバルラウンジへ足を運んでみてはいかがでしょうか。