大阪出張から東京に戻るため、久しぶりにANAの航空券を有償で予約した。

ANAはいつも特典航空券でしか乗らないので、有償で乗るのは約2年ぶり。

今回はスカイコインの有効期限が切れるため、捨てるよりはマシということで有償で予約した。

しかし値段を見てビックリ。

伊丹から羽田までなんと11,150円もする。

3843

これでも同日出発する便の中では一番安かった。

特典航空券で乗るときは伊丹⇆羽田なんてそこらへんの八百屋で大根を買うくらいの気軽さで乗っているので、いざ有償となると航空券の高さを強く実感する。

スカイコインの期限が切れるようなことがない限り、今後も有償で乗る機会は少ないと思う。

もし皆さんも航空券代が高いとお感じなら、マイルを貯めて特典航空券で乗ってみてはいかがだろうか。

ANAマイルを年に数十万単位で貯める方法(ニモカルート編)

マイルを貯めるために自分がよく使う方法をチラッとご紹介すると、ハピタスゲットマネーにあるグルメモニターを多用している。

グルメモニターとはミステリーショッパーの飲食店版で、お客になりすまして飲食店を訪問し、料理の味やサービスの質などをチェックすると、謝礼としてポイントを差し上げますよというもの。

報告を受けた企業はサービス改善につなげられるし、お客は料金の一部をポイントで還元してもらえるので、win-winの制度になる。

例えばこちらの回転寿司店は上限を1,000ポイントとして飲食代金の100%を還元してくれる。

3844

ハピタスは1ポイント1円なので、飲食代が1,000円までなら全額、1,000円を超えたら1,000ポイントを戻してくれることになる。

こちらの居酒屋は上限5,000ポイントで飲食代金の100%を還元。

3845

飲食代が5,000円までなら全額還元されるため、一気にポイントを稼げる。

こんな感じの案件が他にもたくさんあるので、片っ端からこなしていく。

そうすれば月に万単位のポイントを稼ぐのはそれほど難しくない。

貯まったポイントはソラチカルートやニモカルートに流し込めば、年に数十万マイルは余裕で稼げる。

あとは八百屋で大根を買うくらいの感覚で特典航空券を発券するだけ。

グルメモニターでポイントを増やせるのはわかった。
でも結局飲食代はかかっているわけで、それなら最初から航空券を買った方が良いのでは?とお感じになった方もいると思う。

この点はご自身で計算をお願いしたいが、還元率が高い案件ならほとんどの場合で航空券を買うよりお得(特に国際線)になる。

さらに友人や会社の同僚を誘って割り勘で飲食して、ポイントだけコッソリ丸取りすれば、多少還元率が低い案件でもプラスになる。

これから歓迎会だの、新チーム発足会だの色々イベントがあると思う。
その際は幹事を率先して名乗り出て、ポイントをガッツリ稼いでみてはいかがでしょうか。

ハピタス
ゲットマネー