2019年一発目の記事で、お得なふるさと納税先として和歌山県高野町をご紹介した。
(→2019年のふるさと納税は今がチャンス

総務省からの通達を受けて、換金性の高い返礼品を取りやめる自治体が増える中で、高野町は返礼率50%の日本旅行ギフトカードを年明けも継続している。

3664

仮に2万円寄付すると、1万円分のギフトカードが貰える。

日本旅行のギフトカードは切符や航空券を単体で購入できるので、寄付額次第では8割引以上でJRや飛行機に乗ることも可能。
(自己負担2,000円以外は翌年の住民税から控除)

出張や旅行に出かける方には超絶オススメの返礼品になる。

しかし、恐れていた事態が訪れた。

高野町は日本旅行ギフトカードの取り扱いを2019年1月31日をもって取りやめると発表した。

3704

いつかはこの日が来ると思っていたが、実際に終了が発表されると寂しさがこみ上げて来る。

旅行券は食品と違って賞味期限もなく、保管場所も取らない。
世界中好きなところに行けるため、返礼率だけではない魅力がある。

こんなお得な返礼品はもう二度と出てこないので、まだ2019年のふるさと納税を済ませていない方は、今すぐ猛ダッシュで寄付されることを強くオススメする。

ふるさと納税は毎年暦年内(1月〜12月)で税務処理される。
よって1月に寄付しても、12月に寄付しても同じ。

それならばお得な返礼品があるうちに寄付しておいた方がお得だと思う。

ちなみにふるさと納税は、納税サイトの「ふるなび」を使うと、寄付額の1%をアマゾンギフト券で戻してくれる。

3705

支払いにクレジットカードを使えば寄付額に応じたカードポイントも貯まるので、返礼率は50%を超える。

自分は今年の所得見込みを急ぎ整理して、自己負担が2,000円で収まる上限一杯まで寄付しようと思う。

皆さんも最後のチャンスを逃さないよう、早めに行動されることを強く強くお勧めします。

ふるなび