このブログの記事はいつもUPする直前にまとめており、書き溜めはあまりしない。
というか本当は書き溜めしたいと思ってもなかなかできない。

なので急に予定が入ると、とりあえず簡易な話題でお茶を濁させてもらっている。

今日はまさにそんな感じ。
夕刻に急遽出張が決まったため、ライトな話題で失礼します。
ーーーー

数年前に作ったソラチカカードの利用期限が切れて新しいカードが送られてきた。

3675

ソラチカカードにはPASMOが付帯しているが、首都圏の私鉄、地下鉄及びバス営業所で、古いカードから情報を移替えしないと使用できない。

自分はこれを後回しにしていたため、いつものようにPASMOを使おうとしたらエラーで使えなかった。
手持ち現金もほとんどなく、キャッシュレスに慣れてしまうと、こういう時に本当に困る。

古いカードにはチャージ金も残っており、そのうち存在を忘れてしまいそう。

ということで、慌てて丸ノ内線の東京駅に来た。

3672

窓口でPASMOを引き継ぎたいと申し出て新旧2枚のカードを渡す。

すると係りの方がカードを機械に通して、ものの10秒ほどで終わりましたと。

古いカードの裏面を見ると、ご覧の通り「PASMO機能は利用できません」と印字された。

3674

処理はこれで完了。

もっと面倒で手間のかかる手続きが必要かと思ったら、あまりにもあっさりで驚いた。
こんなことならもっと早く対応しておけば良かった。

今回は窓口で処理をお願いしたが、東京メトロは自動券売機でも移替処理が可能。

3673

近くに窓口がない場合は、券売機の方が便利かもしれない。

ちなみに移替処理が必要なのはPASMOだけで、クレジット機能はそのまま使用できる。

よってソラチカカードはANAマイル量産用でPASMOは使わないという方は、移替処理は放置しても問題なさそう。

ということで、ソラチカカードに限らず、クレジットカード一体型のPASMOを使っている方は、面倒がらずに早めに移替処理されることをお勧めします。