宮崎空港に来た。

8579

これからJALで羽田に移動する。

宮崎空港を利用するのは2年ぶり2回目。
前回利用した際はステータスを持たない、いわゆる丸腰状態だったため、宮崎空港のラウンジは未体験。

せっかくなので、備忘録を兼ねて搭乗前に立ち寄ることにした。

こちらが宮崎空港のラウンジ「大淀」。

8576

手荷物検査を終えた、制限エリア内にある。

ここはANAとJALが共用している珍しいラウンジで、利用できるのは各社の上級会員とSFC及びJGC会員のみ。

入口がカードラウンジっぽいので、ゴールドカードでも入れると勘違いしている人もチラホラいた。

ラウンジ内は想像以上に狭く、ちょうど出発便が重なる時間帯だったためか、空席がほとんど無い状態だった。(そのため写真が撮れなかった)

正に芋洗状態。

ANAとJALは会員プラス1名を同伴させられるので、余計に混んでいたのかもしれない。

こちらはドリンクバー。

8577

この写真を撮るのも困難なくらい混んでおり、なんとか一枚撮れたと思ったらビールサーバーだった。
ソフトドリンクはビールの隣にあり、冷蔵庫にはアップルジュースとオレンジジュースがあった。

こちらはおつまみ。

8578

柿ピーとあられスナックが小袋に入ったものが数種類あった。

ANAの純正ラウンジで提供されているおつまみと比べると格が落ちるが、全く無いよりは良い。

とりあえず柿ピーとカルピスを取って席に戻る。

席にはコンセントとUSBの口もあり、Wi-Fi速度も問題なかった。

ただ、如何せんこの混雑状況では全く落ち着かない。
隣の方と向かいの方がお知り合いのようで、自分の頭を飛び越して会話をされている。

さすがにこれはキツイので、ドリンクを流し込んで、早々にラウンジを後にした。

今回は週末ということもあり混雑していたが、搭乗口の前にあるため、出発時間ギリギリまでくつろげるのは高評価。

また最近リニューアルしたばかりなので、内装が綺麗で、各席にコンセントが配置されている点も良かった。

宮崎空港を利用された際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

その他のラウンジ訪問記はこちらをご参照ください。
空港ラウンジ訪問記