フィリピン航空でビジネスクラスのセールが始まった。

3448

今回のセールは日本からマニラやセブのほか、マニラを経由してバンコクやジャカルタ便も対象になっている。

フィリピン航空のビジネスクラスはセール価格でもANAに125%積算できるので、SFC修行の追い込みに使っても良いかもしれない。

詳細は以下の通り。
販売期間:2018年10月15日〜2018年10月28日
旅行期間:2018年11月5日〜2018年12月31日
対象区間:日本⇆マニラ、セブ、バンコク、ジャカルタなどマニラ経由便
マイル積算率:フィリピン航空、ANAとも125% 

例えば成田⇆マニラはビジネスクラスで往復108,160円から。

3449
往路2018月11月5日ー復路2018年11月8日)

個人的にはもう一踏ん張り安くして欲しかったが、ビジネスでこの値段なら十分。

参考までに同日のANAを見ると往復で30万円近くする。

3450

フィリピン航空の約3倍。

最近のマニラ線は価格が高騰気味とは言え、さすがに片道4時間弱のフライトに30万は出せない。

日系の安心感とクオリティーをプラス評価したとしても、フィリピン航空の方が断然良いと思う。

ちなみに成田⇆マニラをANAに積算すると4,697PP。
1PPあたりの単価は23.0になる。

この数字では満足できないという方は、マニラを経由してジャカルタまで飛んでみるのはいかがだろうか。

今回のセールを使うと、成田⇆(マニラ)⇆ジャカルタは127,600円から設定がある。

3451

これなら往復8,082PP稼げるので、1PPあたり15.7円まで下がる。

エコノミーならもっとPP単価を下げられるかもしれないが、数円程度の差ならビジネスに乗った方が断然お得。

特に成田⇆マニラに就航しているA330-300のビジネスクラスは全席通路アクセス可能で快適。

3452

フィリピン航空は日系では飛んでいないセブ(※)に直行で入れるのも利点。
(※バニラエアは2018年10月末でセブから撤退)

もちろんPPなんて意識せず普通に乗るのが一番良いが、とは言えSFC修行中の方はPPが気になると思うので、今回のセールを選択肢の一つに入れても良いと思う。

フィリピン航空のビジネスクラスで成長著しいフィリピンに出かけてみてはいかがでしょうか。

フィリピン航空