以前、ANAの国内線にお得に乗れるチケットとして「ANA Experience Japan Fare」をご紹介した。

2702

このチケットは国内線が5,400円〜10,800円で乗れる上に、積算率が100%なのでSFC修行にも有利。

例えば羽田⇆石垣なら10,800円で2,448PP貯まるので、最安226,800円で5万PPに到達する。
(→海外永住権の特権!ANA Experience Japan Fareの新料金発表

しかしこのチケットは訪日外国人もしくは海外に永住権を持っている日本人しか購入資格がないため、ほどんどの日本人は使えない。

そのため、日本人でも購入出来る格安チケットを所望されている方も多いと思う。

そんな方にオススメなのが「ANA Discover Japan Fare」。

3347

このチケットなら日本人でも購入可能で、国内線がお得に乗れる。

詳細は以下の通り。

航空料金:国内線が1区間3,241円〜53,889円
購入条件:日本国外のみで購入可能(小児運賃の設定無し)
PP積算率:2018年9月30日まで100%
      2018年10月1日からブッキングクラスによって30%〜100%
設定期間:2018年10月26日まで(多分延長される) 

購入場所は日本国外のみとなっているものの、ANAのサイトを海外用に設定すれば誰でも簡単に買える。

ANAは海外用サイトでも日本語ページを用意してくれているので、使い方は日本用とほとんど同じ。

せっかくなので発券までの手順を順に見ていく。

まず、普段お使いの日本用サイトの右上にある国選択でどこか海外を選ぶ。

3348

自分はフィリピンなので、国はフィリピン、言語は日本語選んだ。

これで海外用(自分はフィリピン)サイトに切り替わる。

次にTOP画面にあるフライト検索で、乗りたい区間を入力する。

3349

自分は10月に広島に行く予定なので、東京から広島を入力して検索ボタンを押す。

すると、販売中のチケット一覧が表示されて、ご覧の通りディスカバージャパンが片道96.57ドル(約10,400円)で乗れることがわかる。

3350

なんとExperience Japan Fareより安い。

念のため同日の料金を日本向けサイトで確認したら、一番安いチケットでも片道12,690円もした。

3351

往復なら4,000円以上違ってくる。

チケットを選んだら、あとは画面の指示に従って購入するだけ。

チケットはメールで届くので、印刷して当日空港に持参すればOK。

ANAのアプリをダウンロードされている方は、チケットが自動反映されるので、メールの印刷すら必要無い。

これから日本国内にお出かけの方は使ってみてはいかがだろうか。

但しいくつか注意点がある。

①チケット購入は搭乗の7日前まで
ディスカバージャパンは搭乗の7日前(2018年9月30日搭乗分までは30日前)に発券が締め切られる。
そのため直前の予約には向かないので注意して欲しい。

②タッチアンドゴーは使えない。
このチケットは海外発券なので国内区間でも国際線として扱われる。
そのためタッチアンドゴーは使えず、搭乗前にカウンターで搭乗手続きをする必要がある。

③路線や搭乗日によっては旅割の方が安い場合あり。
搭乗する日程や路線によっては、旅割の方が安い場合がある。
面倒でも両運賃を比較してから購入した方が良い。

またこのチケットは一度発券すると払い戻しができないが、搭乗当日に空港で空席があれば前の便へ振替出来る。

SFC会員なら優先して空席待ち出来るので、あえて最終便を押さえておいて、当日の予定次第で早い便に振り返るといった使い方も出来ると思う。

ディスカバージャパンは2018年9月1日より、一部区間で値下げも発表されている。

3352

日本国内をお得に移動したい方には、この機会に利用されてみてはいかがでしょうか。