JALは往復6,000マイルで、日本のどこかに行ける「どこかにマイル」という企画を実施している。

2229

「どこかにマイル」は4つの候補地が提示され、その中からどの都市に行けるかはJALが決める。

つまり航空券を予約する時点では目的地がわからないという、ミステリー感のある企画になる。

以前これで北海道に行くべくチャレンジしたところ、真逆の熊本になったことがあった。
(→JALどこかにマイル。欲しい行き先は新千歳、結果はいかに?

希望通りの目的地に決まる保証は無いものの、どこでも良いからお得に旅をしたいという方には面白い企画だと思う。

「どこかにマイル」は2018年6月からバージョンアップして、行き先が四国方面に決定した場合、手持ちのマイルとJR四国の乗り放題切符を交換できるオプションが追加された。

3205
http://press.jal.co.jp/ja/items/uploads/9c616cc5404b3161e3e06d02e142a840bb91ad38.pdf

詳細は以下の通り。

●サービス内容
「どこかにマイル」で、行き先が四国の各空港(徳島、高松、高知、松山)に確定した場合、JALマイルとJR四国全線フリーきっぷを交換できるオプションの選択が可能。
●必要マイル数
 1日間用:大人3,500マイル、子供1,750マイル
 2日間用:大人6,000マイル、子供3,000マイル
●JR四国全線フリー切符の概要
 JR四国全線の特急・普通列車の普通車自由席に乗り放題。
 さらに乗車当日に空席があれば、追加料金なしで普通車指定席に変更可能。

全て調べた訳では無いが、マイルを直接JRのきっぷと交換できるのは、史上初では無いだろうか。

旅好きの自分としては、かなり嬉しいオプション。

特に必要マイル数が少ないのが嬉しい。

マイルを航空券以外の商品やサービスと交換する場合、ほとんどは1マイル1円の価値にしかならいのはご存知だと思う。

3206

せっかく貯めたマイルを単価1円で消費するのはあまりにも惜しいので、自分は航空券以外と交換したことがない。

しかし今回のサービスは、わずか3,500マイルでJR四国の特急に乗り放題なので、使い方次第では1マイルあたり4円以上の価値を生むことも可能。

例えば香川県の高松から愛媛県の宇和島まで特急に乗車した場合、往復で15,240円もする。

1日用のフリーきっぷは3,500マイルで交換できるので、15,240円÷3,500マイル=4.35円になる。

マイルの消費単価としては、なかなか優秀。

3207

2日間用の切符なら、さらに単価効率が良くなる。

ご興味ある方は「どこかにマイル」で四国方面を狙ってみてはいかがでしょうか。
(必ず四国方面になる保証はありません)

「どこかにマイル」を使おうにもマイルが全然貯まらないよという方は、以下の記事もご参照ください。

税金や公共料金をJMBWAONで払ったら5ヶ月で9,000マイル貯まった。