5種類の仮想通貨を1万円分ずつ保有して、月に一度、価格の推移をご報告させて頂いている。

3159

先月は投入額に対して、含み損がマイナス6%だった。

過去の報告はこちら↓

2018年4月→5種類の仮想通貨を1万円ずつ購入。価格推移を検証してみる。
2018年5月→【経過報告】1ヶ月前に投資した仮想通貨の価格はどうなったか?

仮想通貨でお金持になることを夢見ているのに、いきなりマイナスからスタート。

今月はどうか?

保有している仮想通貨と価格推移は以下の通り。

コイン名 XRP LISK MONA NOAH BNK
リップル リスク モナ ノア バンクエラ
購入場所 GMOコイン bitFlyer bitFlyer HitBTC Spectrocoin
購入理由 適当 衝動買い なんとなく 直感 思いつき
購入量 141 9 25 8,000 3,330
単価 購入時
(2018/4/17)
2018
6/16
購入時
(2018/4/17)
2018
6/16
購入時 2018
6/16
購入時 2018
6/16
購入時 2018
6/16
70.34 59.51 1,193 721 398.41 290.39 1.19 0.60 2.92 0.69
総額
9,918 8,390 10,737 6,489 9,960 7,259 9,520 4,800 9,724 2,298
損益 -1,528 -4,248 -2,701 -4,720 -7,426

何と!購入した仮想通貨の全てで含み損を抱え、トータル20,623円のマイナスとなった。

あまりの下落っぷりにチャートの単位を一ケタ見間違えたのかと思ったほど。

5万円で始めた仮想通貨取引も、現時点で40%以上の価値を失ったことになる。
しがない個人事業主にとって、2万円は非常にデカイ。

ただ、個人的には全く悲観していない。

その理由はマネックスがコインチェックを買収したり、SBIやYahooが仮想通貨取引所を立ち上げるなど、大手が続々と市場参入しているから。

3160

彼らはプロ集団なので、当然に事業の採算性や持続性を緻密に計算しているはず。

その彼らが市場参入すると言うことは、仮想通貨は今後も成長が見込めると判断したからであって、消滅する市場にわざわざ足を突っ込むとは思えない。

参入した以上は集客に力を入れるだろうし、その結果、仮想通貨を購入する人が増えれば価格も上がる。

よって目先の価格に一喜一憂せずに、しばらくホールドして値動きをウォッチしていこうと思う。

仮想通貨に参戦するか悩んでいる方は、とりあえず口座だけ開設しておくと買いのタイミングを逸しない。

口座があれば、仮想通貨が上がり始めた時に指をくわえて見ているだけ、なんてことも避けられる。

もちろん実際に取引しなければ1円のお金もかからないので、不安が払拭できるまで放置でもOK。

今ならポイントサイトのモッピーに仮想通貨取引所の口座開設案件が多数出ているので、ポイント稼ぎに口座を開設してみてはいかがでしょうか。

また来月、価格の推移をご報告します。