クロス取引を使って手に入れた株主優待が続々と届いている。

3071

クオカードにシェフグルメカード、マクドナルドの無料券にタイムズの利用券まで様々。

すかいらーくに至っては、36,000円分もの飲食券が届いた。

たまに株主優待で生活してますみたいな人がテレビに出てくるが、資金があれば本当にできる気がする。

それくらい優待を設定している企業がたくさんある。

クロス取引とは株を現物と信用の両建てで保有すること。
これならば株価がどちらに転んでも互いが相殺しあって損失を被らない。

2146

それでいて株主であることには変わりはないので、株の売買手数料だけで優待を手にできる。

つまりリスクゼロで優待だけ貰える。

この手法を周囲に勧めたところ、10人中10人が興味を示さなかった。

いつもマイルを貯める手法だとか、マイルの有効期限を伸ばす方法だとか、一般人には馴染みのない話ばかりしているるので、胡散臭いヤツと思われているのかもしれない。

そもそもフィリピンの永住権を取っていると言う時点で、普通の人は好奇な眼差しで見てくる。

あいつは治安の悪いフィリピンに出入りして、怪しい話を持ってくる的な。

まぁ紹介したところで自分にはメリットがないし、あまり多くの人にクロス取引をされると人気の株主優待が取りづらくなるので、そのまま眠ってもらった方が良いとも言える。

もし自分もやってみたいと思われた方は、ゴールデンウィーク中に証券会社の口座を開設しよう。

証券会社の口座は無料で維持してくれるところがほとんどなので、開設するだけならお金はかからない。

どの証券会社が良いか迷ったら、SBI証券がオススメ。
SBIは手数料が安めで、初めてでも使いやすい。

口座が開設できたら、軍資金を入金して、欲しい優待をクロス取引する。

優待を得るには権利付き最終日と言って、この日に株を持っている人に優待を差し上げますよと言う日が決まっている。

3077

その日を跨ぐように株を保有して入れば株主優待がもらえる。

詳細は以下の過去記事にまとめているので、ご参照ください。
(→クロス取引でANAの株主優待を手に入れた。投じた費用はわずか685円

クロス取引は年々参加者が増えていると思われるが、全人口から見ればまだまだ少数。

ゴールデンウィーク中に準備して、お得な株主優待をたっぷりと手にしよう。