北海道のオホーツク海沿いに、西興部(にしおこっぺ)という小さな村がある。



1989年に村内を走る鉄道が廃止されて過疎化が進み、人口は1,000人余り。
目立った産業もなく、なんとなく寂しい印象を受ける。

しかし、この村で実施されている助成制度がなかなか熱い。

それがこちら↓

3042

ANAの羽田⇆オホーツク紋別を利用して、村内にある「ホテル森夢」に宿泊すると、最大2万円の助成金が交付される。

この手の助成制度は各地の自治体で実施されているものの、そのほとんどが村内在住者もしくは在勤者が対象になっている。

助成額も良いとこ1万円くらい。

しかし西興部村は道外在住者(つまり旅行者)でも利用可能で、最大で2万円も助成してくれるという、なんとも太っ腹な自治体になる。

適用条件は以下のとおり。

●対象者(以下全ての条件を満たす方)
①北海道以外の日本国内に住所を有する方。
②オホーツク紋別空港発着便の航空機を利用した方。
③村内にある「ホテル森夢」の特別プランを利用した方。

●助成金額
ホテル森夢に1泊の場合:片道・往復問わず:1万円
ホテル森夢に2泊の場合:片道1万円 往復2万円

●申請方法
①ホテル森夢にて宿泊証明を発行してもらう
②宿泊証明と航空券をセットにして村役場に郵送する 

申請書類は郵送で提出可能で、助成金は後日自分の銀行口座に振込んでくれる。
よって村役場まで出向く必要がないのも嬉しい。

この制度を使うと、どのくらいの予算で遊びに行けるのか試算してみる。

まず、ANAの羽田⇆オホーツク紋別の料金は最安で片道16,590円。

3043

往復すると33,180円になる。

次にホテルの宿泊料は、助成金が適用になるプランが、税込10,700円。(1室1名利用の場合)

3044

これで2泊すると21,400円。

航空券とホテル代あわせると、合計54,580円になる。

ここから2万円の助成金が戻ってくるので、実質負担は34,580円で行ける。

ホテル代が少し高めに感じるかもしれないが、朝・夕の2食付きになっている。

3045

しかも内容はかなり豪華。

これでこの値段ならアリだと思う。

北海道はこれから過ごしやすい季節に入る。

皆さんも西興部村の助成制度を使って、オホーツクに遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

助成制度の詳細はこちらです。(西興部村役場HP)

http://www.vill.nishiokoppe.hokkaido.jp/section/kikaku/feeuub00000dgcku.html