以前に株の損失リスクを受けずに株主優待を得る手法として、クロス取引が有効であることをご紹介した。

クロス取引は株の現物買いと信用売りを両建てで持つことで、株価がどちらに転んでも損失を被らない取引手法。

2146

それでいて株主であることに変わりはないので、株の売買手数料のみで株主優待を獲得できることになる。
(詳しくは→クロス取引でANAの株主優待を手に入れた

またANA VISA nimocaカードを使って、マイルを大量に貯める手法もご紹介した。

2747

ソラチカルート閉鎖後も、マイルを稼ぐ手法として有効なので、毎月万単位のマイルを積み上げている。
(詳しくは→ANA VISA nimoca到着。これでマイルを爆貯できる。

今回はこの二つの手法(株主優待とマイル)を使って、九州に1泊2日の出張に行ってみる。

移動はマイルを使い、食事や宿泊は可能な限り株主優待を使う。

これでどこまで支出を抑えられるのか。

一緒に確認していきたい。



■出発は大阪から

今回の出発地は大阪。
ここから飛行機で長崎に向かう。

空港に移動する前に、まずはマクドナルドでランチを取る。
普段はあまり食べないビックマックとコーラゼロのLサイズ、それにサラダを注文。

3018

支払いはマクドナルドの株主優待でもらった無料券を使ったのでタダ。
レシートはご覧の通りすべてゼロが並んでいる。

お腹がいっぱいになったところでリムジンバスで伊丹空港に向かう。

3023

新大阪駅から伊丹空港までは片道500円。
これは何の優待もないので、素直に料金を支払った。

伊丹から長崎まではマイルを使って特典航空券を発券した。

3026

特典航空券なので料金はもちろんタダ。
荷物も無料で預かってくれる。

搭乗手続きを終えた後は、ANAのラウンジでくつろぐ。

3020

自分はANAのプラチナ会員なので、ラウンジの利用もタダ。

無料のスナックと大好きなコーラゼロを飲みながら、出発までの時間をゆっくり過ごした。

長崎に到着後、市内まではバスで移動。
バスは優待がないので、900円を現金で支払った。

長崎での仕事を終えて、今日は東横インに宿泊する。

3024

宿泊費は5,140円だったが、うち5,000円はユニゾHDやプレサンスコーポレーションの株主優待でもらったUCギフトカードを使用。
(東横インはギフトカードでの支払いも可)

ギフトカードはお釣りが出ないので、端数の140円は現金で支払った。

嬉しいことにホテルのご好意で、予約していたシングルルームから、ツインルームに変えてくれた。

3015

東横インで予約よりも広い部屋に変えてくれたのは初めて。
もちろん追加料金はかからない。

部屋に荷物を置いて、夕食を取るためホテル近くのガストに行く。

3016

ちょうどチーズハンバーグフェアをやっていたので、ライスとセットで頼んで、合計624円だった。

支払いは「すかいらーく」の株主優待でもらった優待券500円分を使用。

3019

さらに端数の124円も株主優待で貰ったクオカードを使ったので、完全にタダとなった。

翌日は東横インで無料の朝食を食べて、JRで博多まで移動する。

JRの優待は持っていなかったため、博多までの切符を通常購入。
特急料金も合わせて4,190円もかかってしまった。

今回の出張ではほとんど現金を使っていないので、博多までの電車賃が異常に高く感じる。

博多に到着後、打ち合わせに参加。

打ち合わせ後は飛行機で東京に帰るために、空港バスで福岡空港に移動。
バス代は210円だった。

福岡からは東京までは特典航空券を使って、ソウル経由で帰る。

3027

福岡から東京に帰るのに、なぜわざわざソウルを経由するのか?

その答えは以前ご紹介しているので、詳細は以下の記事を参照して欲しい。
(→1往復分のマイルで2往復する方法

航空券を発券した後はラウンジでくつろぐ。

3017

このラウンジは簡単な食事が提供されていたので、ランチ代わりに頂いておいた。
もちろんすべてタダ。

ソウル到着後、すぐに東京までの特典航空券を発券。

3025

ソウルには乗り継ぎ目的で来ているので、観光は一切しない。
そのため余計なお金はかからない。

航空券を発券した後は、またラウンジでくつろぐ。

3022

こちらはANAの上級会員(ダイヤモンド、プラチナ、SFC)なら無料で利用OK。

少しお腹が空いたので、ラウンジで提供されていたサンドイッチを頂く。

3021

もちろんすべてタダ。

最後はANAの機内食で締めて無事東京に到着。

1泊2日の出張を終えた。



■出張費を計算してみる

今回の出張費を整理すると以下の通り。

1日目
・マクドナルドでランチ:株主優待で無料
・伊丹空港までのバス代:500円
・伊丹→長崎の航空券代:マイルを使って無料
・長崎市内までのバス代:900円
・東横インのホテル代 :株主優待で無料(端数の140円のみ支払い)
・ガストでの夕食代  :株主優待で無料
・コンビニでの買い物代:株主優待で無料

2日目
・東横インでの朝食  :サービスで無料
・長崎→博多の電車代 :4,190円
・コンビニでの買い物代:株主優待で無料
・福岡空港までのバス代:210円
・福岡→ソウルの航空券:マイルを使って無料
・ラウンジでのランチ :航空会社の上級会員で無料
・ソウル→東京の航空券:マイルを使って無料
・ラウンジでの軽食  :航空会社の上級会員で無料

他にも書店で書籍を購入したが、株主優待でもらったクオカードを使ったので、現金の持ち出しは無かった。

ということで、実際に現金で支払ったのはバス代と電車代のみで、合計5,800円だった。
(※クロス取りにかかる株の売買手数料は考慮していない)

長崎から博多への移動がなければ、2,000円以下で収まっていただけに、少し惜しい気もする。
とは言え、こんなに安い値段で九州には行けないので、お得であることは間違いない。

皆さんも株主優待とマイルを使って、格安で旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。
なかなか面白いです。