2015年に独立して、今月(2018年4月)から4年目に突入した。

2999

何のコネも地盤もない状態で独立したので、すぐに破産するかと思ったら、意外に粘れるなと言うのが正直な感想。

1年目:いよいよ独立へ。
2年目:独立1周年
3年目:独立して3年目に突入。

それもフィリピンの永住権(クオータビザ)を取得したことが大きいと思っている。

その理由は、

①成功者や意欲的な方と出会える
フィリピンの永住権を取得されている方は、ビジネスで成功されている方や、これから新しいビジネスを立ち上げる意欲的な方が多い。

そんな方々と日本で面識を持つのはハードルが高いが、フィリピンなら日本人のコミュニティが小さいので、出会える確率が高くなる。

独立して一番学んだのは、成功していない人の話を聞いてはいけないと言うこと。
何の実績も出していない人に相談すると、多くは間違った方向に誘導されてしまう。

成功している人の中に身を置くと、考え方も行動も変わってくる。
これは自分にとっては大きかった。

最近は日本だけでなく、東南アジアで活躍されている方々とのネットワークも広がり、ビジネス的なサポートもいただいている。

②時間が確保できる
収入はサラリーマン時代と比べると安定しないものの、自由になる時間は格段に増えた。

通勤は無いし、会議もない。
自分で時間が操れる。

フィリピンにも自由に行けるし、やりたいことを好きなだけできる。

クオータビザを取得したおかげで、滞在日数を気にする必要がないのも大きい。

有望案件と巡り合ってアクションを起こそうと言う時に、ビザが切れるので帰りますでは話にならない。

時は金なりと言うことわざがあるが、本当にその通りだと思う。

③交通費を節約できる(海外永住権取得者の特権)
海外の永住権を取得すると交通費の面でも様々な恩恵が受けられる。

例えば以下のようなチケットが購入できる。

ANA Experience Japanが新料金発表
JALの国内線が格安で乗れるJAL Explorer Pass
海外永住権取得者は関西スルーパスが購入できます
高速道路乗り放題パス

自分は元々移動が多いため、以前から交通費が気になっていた。

クオータビザ取得後は、上記のようなお得チケットを使えるので、交通費は大幅に下がった。
通常料金との差額(浮いたお金)を合算すると、ビザ取得費用の半分近くは取り戻せたと思う。

その他、現地銀行にペソ建の口座があるので、円と有利な方で決済できるのもメリット。

2961

金利も高めなので、日本より利子が多く貰えるのも嬉しい。

もちろんクオータビザを取得したからと言って、バラ色の人生が待っているわけではない。
行動しなければ1円足りとも入ってこない。

ただ、自分にとってはプラスが大きかったので、このまま4年目も突っ走ろうと思っている。

ちなみに海外永住権で人気のマレーシアは、近々取得の条件が大幅に引き上げられるようだ。

財産証明が1,350万円(50歳未満)→1,600万円に。
現地銀行への常時預入金が800万円→1,400万円に。

海外の永住権を取得する場合、現地銀行に一定額以上を預金しなければならないことが多い。
マレーシアは800万から1,400万円に引き上げられるので、取得のハードルは高くなる。
(それでも他の国と比較するとイージー)

一方、フィリピンのクオータビザは常時預入金は不要。
さらに財産証明は5万USドル(約540万円)と低めに設定されており、証明さえ取ってしまえば引き出して構わない。

つまり金銭的なハードルは、無いに等しい。

こんな緩い条件はいつまで続くかわからないので、ご興味がある方は早めに取得された方が良いと思う。

信頼できるエージェントのご紹介希望はこちら

と言うことで、4年目も引き続きよろしくお願いします。