先日、陸マイラー必須のソラチカルートが、2018年3月31日で寸断されることをお伝えした。

2745

ソラチカルートとは、ハピタスやモッピーで稼いだポイントを、PeX→メトロポイント→ANAと移動させると、稼いだポイントの90%がマイル化できることを言う。

このうち、PeX→メトロポイント間が2018年3月31日で寸断されるので、同時にソラチカルートも使えなくなってしまう。

他ルートを使えば4月以降もANAマイルと交換できるので、そう焦ることはない。
ただ、交換比率は下がる。
(詳細は→悲報 ソラチカルートに異常発生!

そこで寸断されるまでの残り2ヶ月強の間にポイントを稼げるだけ稼いで、メトロポイントに流し込んでおこうと思う。

メトロポイントにさえ流しこんでおけば、4月以降も90%の比率でANAマイルと交換できる。

2765

ハピタスやモッピーでポイントを稼ぐ際に注意が必要なのは、案件を利用してから実際にポイントが加算されるまでに時間がかかること。

例えば、ハピタスでSBI FXトレードの口座開設案件を利用すると、ポイント加算までに120日〜180日もかかる。

2759

これではポイントが加算された頃にはソラチカルートは閉鎖されている。

こちら↓のクレジットカード案件はカード受け取りからポイント加算まで45日。

2760

今すぐ申し込めばギリギリ間に合うかもしれないが、少し怖い。

他にもポイント加算まで1ヶ月以上かかるものが多い。

そんな時に便利なのが、モッピーのモバイル版にある「ポイント付与30分以内」の案件。

2761

ここに出ているものなら、利用から30分以内にポイントを加算してくれる。

例えばこちら↓のデコメールが作れる案件。

2764

524円の利用料で540円相当のポイントが付与される。
27円のプラス。

こちら↓の絵文字が作れる案件も524円の利用料で540円相当のポイントバック。

2763

同じく27円儲かる。

こちら↓のデコメールも524円の利用料で540円相当の戻り。

2762

似たような案件が他にもたくさんある。

一つ一つのポイントは低いものの、積み重なればそれなりの数になる。

何よりも30分以内にポイントが加算されるので、ソラチカルートの閉鎖に間に合うのが嬉しい。

上記でご紹介したモッピーの案件は、いずれも月額課金制になっている。
そのまま放置すると翌月も自動課金されてしまうので、ポイントが加算されたらすぐに解約が必要な点だけ注意して欲しい。

モッピーでポイントを稼いで、ソラチカルートの有終の美を飾ろう。

モッピー