JALの2017年11月分の時刻表を見ると、国際線機材が数本、国内線の運用に入るようだ。

770

国際線機材にはビジネスクラスが搭載されているため、クラスJを選ぶと、たった1,000円でビジネスクラスシートを体験できる。

運航スケジュールは以下の通り。

日付 便名 出発地 到着地 機材
2017/11/9 625
羽田
8:00
熊本
9:50
767
626
熊本
10:45
羽田
12:15
767
631
羽田
13:05
熊本
14:55
767
632
熊本
15:40
羽田
17:10
767
191
羽田
18:00
小松
19:00
767
192
小松
19:45
羽田
20:50
767
2017/11/17 631
羽田
13:05
熊本
14:55
767
632 熊本
15:40
羽田
17:10
767
2017/11/18 991 羽田
6:20
那覇
9:05
767
994 那覇
11:05
羽田
13:15
767

個人的に注目したいのは2017年11月18日の那覇発東京行きのJL994便。

せっかくビジネスクラスシートを体験するなら、飛行時間は少しでも長い方が良い。

那覇⇄羽田なら2時間程度かかるので、普段はなかなか乗れないビジネスクラスが思いっきり満喫できる。

2569

しかも料金はクラスJで16,690円とお安め。

2017年10月24時点でまだ空席があるので、この機会に乗ってみてはいかがでしょうか。
(急な機材変更もありますので、予約前にご自身でご確認ください)

その日はあいにく都合が悪いという方は、国際線機材がデイリーで国内線の運用に入っている路線がある。

便名 出発地 到着地 機材 シート
3007 成田 伊丹 767
スカイラックス
or
スカイリクライナー
3002 伊丹 成田 767
スカイラックス
or
スカイリクライナー
3087 成田 名古屋 787 シェルフラットNEO
3082 名古屋 成田 787 シェルフラットNEO
201 羽田 名古屋 73H スカイラックス
208 名古屋 羽田 73H スカイラックス
3049 成田 新千歳 73H スカイラックス
3040 新千歳 成田 73H スカイラックス
(成田⇄名古屋は日によって機材が変わります)

こちらもお得にビジネスクラスに乗れるので、該当方面にお出かけの予定の方は使ってみるといいかも。

但し成田発着は国際線からの乗り継ぎがメインのため、最安のクラスJは先の日程まで満席になっている。
利用されるなら早めに予約した方が良いと思います。

その他、運次第にはなるが、クラスJの料金で国内線のファーストクラスシートに乗る方法もある。

490

詳しくはこちらの記事をご参照ください。
(→知らなかった!クラスJなのにファーストクラスに乗れる