ハピタスやゲットマネー、げん玉など、ポイントサイトは数あれど、還元率は最大でも100%のところがほとんど。

2523

100%還元とは支払額と同額がキャッシュバックされることを意味する。

つまり実質無料で商品やサービスを手にすることができる。

企業としては案件を利用した一部の顧客が、リピーターとして定着してくれることを期待して、このような還元率を設定していると思う。

しかしながらモッピーに限っては、支払い額以上、つまり還元率が100%を超える案件がいくつもある。

例えば月額540円のデコメサイトに登録すると、600ポイント戻ってくる。

2520

モッピーは1ポイント1円で現金化できるので、600円戻って来るのと同じ。
還元率は114.5%。

こちらの占いサイトは月額324円の支払いで400ポイントバック。

2521

還元率は123.4%。

こちらも同じく月額324円の支払いに対して400ポイントバック。

2522

支払額324円に対して400円戻ってくるので、差額76円がプラス。

モッピーにはこういった案件がたくさんある。

これらの案件は月額課金制のため、そのまま放置すると翌月も課金されてしまう。
ポイントが還元されるのは初月の支払いに対してのみなので、ポイントが加算されらた即解約する。
(ポイントは数分から数十分で加算される)

解約した案件に「リピートOK」との表示があれば、翌月に再度申し込むとまたポイントが加算される。

これを繰り返せば自分は一切汗を流さずに、小銭が稼げてしまう。

最初は申込後にすぐ解約する行為は道徳的に問題があるかもと思ったが、ポイント獲得条件に「前月末までに退会済の方の再登録はポイント付与の対象になる」とご丁寧に書いてある。

2524

ということはポイントを提供する企業側が、退会→再登録を承認しているということなので、道徳的に問題ないと判断して、リピート利用させてもらっている。

案件はスマホからサクッと申し込んで、ポイントが加算されたら解約。
これを毎月繰り返すと年間で万単位のポイントが貯まる。

仮に540円の支出で600円還元される案件を毎月6件利用(登録と解約)すれば、1年で支出が38,880円。

それに対して還元されるポイント数は43,200。

貯まったポイントはモッピー→PeX→メトロポイント→ANAと移動させると、90%(※)がANAマイルに交換できるので、実に38,880マイルにもなる。
(※ソラチカカードがある場合)

これだけあれば日本から台北、上海、香港、マニラなど、近距離アジア地域への往復ビジネスクラスが手に入る。(閑散期の場合)
(詳しくはこちら→年間21万マイル貯める手法を解説

皆さんもモッピーに登録して、サクッとマイルを貯めてみてはいかがでしょうか。

案件はモッピーのTOP画面下部にある「月額サービスで貯める」の中にあります。

飛行機には乗らないよと言う方は現金と交換することも可能です。

モッピー