航空会社は基本的に自国を拠点として世界各地へ路線を敷いている。

例えば日系エアラインなら成田⇄香港とか関西⇄バンコクとか。
必ず出発地もしくは到着地が日本になる。

ところが以遠権と言って、出発地、到着地とも自国が絡まない路線がある。

例えばデルタ航空はアメリカの航空会社でありながら、成田⇄マニラや成田⇄シンガポールと言った、アメリカが絡まない路線も飛ばしている。

1976

以遠権路線は通常路線と比較して運賃が安いことが多く、ビジネスクラスも驚きの価格で乗れたりする。

今日は数ある以遠権路線の中から、個人的にお得だと思った路線をいくつかご紹介。

それが以下。

航空会社 区間 料金
エミレーツ 香港⇄バンコク 56,080円
カタール航空 ハノイ⇄バンコク 38,360円
KLMオランダ航空 クアラルンプール⇄スカルノハッタ 31,890円
キャセイパシフィック シンガポール⇄バンコク 33,240円
※2017年9月の料金。2017/8/5の為替レートで計算

料金を見るとエコノミーと勘違いしそうなくらい安い。
もちろん記載しているのは全てビジネスクラスの料金。しかも往復。

特にエミレーツの香港⇄バンコクは総2階建てのA380で、機内にはラウンジ設備もある。


(クリックすると動画が再生されます)

日本発着便は高くてとても乗れないが、以遠権路線なら全然手が届く金額。

その他KLMオランダ、カタール、キャセイ共にフルフラットのビジネスクラスなので、快適に優雅な移動が期待できる。


(クリックすると動画が再生されます)

これ以外にもガルーダインドネシア航空のムンバイ⇄バンコクやロイヤルヨルダンのバンコク⇄香港もまぁまぁの値段で出ている。

ご興味のある方は一度乗ってみてはいかがだろうか。

ちなみに以遠権の中にはエアインディアの関西⇄香港、エチオピア航空の成田⇄香港、エティハドの名古屋⇄北京など日本を発着するものもあるにはある。

ただ残念ながら料金はあまり安くない。

格安でビジネスクラスを体験してみたいという方は、他社便で一旦香港やバンコクに出て、そこから乗り継ぎという形が良いかもしれない。

乗り継ぎが面倒にはなるものの、以遠権のビジネスクラスはその手間をかけるだけのお得度はあると思う。
よろしければ。