先日、ヒルトン東京ベイに泊まってきた。

2366

このホテルは東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルだけあって、いつも多くのお客さんで賑わっている。

自分の場合はディズニーと言うよりは、都心から近いのにリゾート感を得られるのが好きで、割と良く泊まりに来ている。

宿泊記は過去にもまとめているので今回は省略するとして、三井住友カードが発行するヒルトンVISAゴールドの威力を改めて感じたので、今日はそのご報告。

ヒルトンVISAゴールドカードはカードを持つだけでヒルトンのゴールド会員にランクアップする。

2367

本来は暦年内に20滞在もしくは40泊もしないとゴールドになれないのに、カードを持つだけでクリアするのでデルタアメックスゴールドと似ている。

以下、今回の宿泊で得られた特典とその価値を順に見ていく。



特典①:部屋のアップグレード

今回はセレブリオルームを予約していたが、チェックイン時にゴールド特典でマジックルームにアップグレードできますよと案内された。

マジックルームとは部屋に仕掛けがある子供が喜びそうな部屋。

2365

一瞬迷うも、いい歳した大人が泊まっても落ち着かないかなーと思い、今回は辞退した。

セレブリオとマジックルームの価格差は約2,000円。

辞退せずに受けていれば2,000円の価値を頂いたことになる。



特典②:駐車場無料

今回はホテルまで車で来た。

989

本来なら駐車場料金として3,100円かかるところ、ゴールド会員なら無料で停められる。

しかも宿泊日の朝から翌日15:00まで置けるので、料金を気にすることなくゆっくりと滞在できる。

これはかなりデカイ。



特典③:室内プールとサウナ無料

ヒルトン東京ベイはゴールド会員なら屋内プールとサウナ、浴場が無料で利用できる。

995
(プールだけならノーマルの宿泊者でも無料)

タオルも無料で何枚でも使えるのでいつも気持ちよく利用させてもらっている。

プールの後は併設されているサウナに入り、ジェットバスで汗を流すと気分も体もリフレッシュ。
休日でもあまり混雑していないのが嬉しい。



特典④:朝食無料

ヒルトンはゴールド会員以上なら朝食も無料になる。

1002

SPGは最上位のプラチナのみが無料、IHGに至っては最上位のスパイアエリートでも無料にならないことを考えると、ヒルトンはかなり優れている。

ヒルトン東京ベイの朝食は豪華さは無いものの、普通に食べたら一人3,000円もする。
別途サービスチャージ13%と消費税8%が加算されるので一人3,661円。

これが無料。

と言うことで①〜④の特典を整理すると、
特典① 部屋のアップグレードで2,000円の価値
特典② 駐車場無料で3,100円の価値
特典③ サウナ&大浴場無料で約1,000円の価値
特典④ 朝食無料で3,661円の価値
合計、約9,700円の特典が得られたことになる。

さらに細かいところを言えば、宿泊料金を三井住友ヒルトンゴールドで決済すると、1滞在につき2,000ポイントのボーナスが付与されたり、ささやかながら部屋にお菓子(焼き菓子)が置いてあったりする。

ヒルトンVISAゴールドの年会費は13,950円。

三井住友カードには年会費を減額する制度があり、マイ・ペイすリボとWEB明細書サービスを選択すると、年会費が7,470円まで下げられる。
(詳しくはこちら→http://www.smbc-card.com/nyukai/pop/benefit_01.jsp

つまりヒルトンに一回滞在するだけで年会費の元が取れてしまう。

特典の多くは同伴者1名にも提供されるので、2名で泊まればそれだけお得度が増す。

このカードはゴールドでありながら年会費が安い上に、特典が大きいので本当にコスパが良いと思う。

ヒルトンを利用されるなら絶対おススメのカードです。

2017年9月30日まで新規入会キャンペーンも開催しているので、この機会に手にしてもいいかも。

2368

カードの詳細はこちらをご覧ください。
ヒルトン・オーナーズVISAカード