JALの乗り得路線として知られている成田⇔伊丹はB777-300ERの長距離国際線機材が使用されていた。
(搭乗機はこちら→JAL 乗り得クラスJ搭乗記

クラスJを指定すれば、たった1,000円でフルフラットのSKY SUITEに乗れるとあって人気があった。

895

しかし2017年3月26日のダイヤ改正で機種が変更になり、もしかしたらSKY SUITEからダウングレードされてスカイラックスシートになるかもと予想していたが.....


どうやらその予想は的中したようだ。

飛行機の運用状況がわかるフライトレーダー24というサイトがある。

そこで成田⇔伊丹の運用を確認すると、伊丹から成田に到着した後、グアムに飛ぶ航路が組まれていることがわかる。

2011

JALのグアム線はスカイラックスシートなので、自動的に成田⇔伊丹のクラスJもスカイラックスということになる。

スカイラックスと言えども一応は国際線ビジネスクラスなので、国内線のクラスJと比較したら格段に良いシートであることは間違いない。

482

ただ今までSKY SUITEに乗れていたことを思うと、どうしても寂しい気持ちになってくる。

ちなみにもう一つの乗り得路線である成田⇔名古屋もB767のスカイラックシート機材が中心になる。
但しこちらは日によってB787やB777の中距離用国際線機材が充当されることがある。

参考までに2017年6月末までの使用機材を整理しておく。

使用機材 運行期間 クラスJシートの種類
成田⇔名古屋
JAL3087
JAL3082
のみ
 
B767 2017/4/1〜4/11 スカイラックス
B787 2017/4/12・4/13 SKY SUITE or SHELL FLAT NEO
B767 2017/4/14〜4/16 スカイラックス
B777 2017/4/17 SKY SUITEⅢ or SHELL FLAT
B787 2017/4/18 SKY SUITE or SHELL FLAT NEO
B767 2017/4/19〜6/30 スカイラックス

4月中旬までは使用機材がめまぐるしく変わる。

たった1,000円で豪華な国際線ビジネスクラスシートを満喫したいとお考えの方は、B787もしくはB777機材がおススメ。

運航日が限られているので利用をご検討の方はお早めにご予約ください。

JAL 国内線