先日、ユナイテッド航空マイレージプラスセゾンカードのインビテーションが届いた。

1833

2015年に独立して以降、当面はクレジットカードの新規申込はできないと思っていたので、インビテーションが届いただけで嬉しい気持ちになる。

少しは社会的な信用がついてきたということだろうか。

マイレージプラスセゾンカードの最大の魅力は何と言っても1,000円につき15マイル貯まるところ。

多くのカードが100円につき1マイルであることを考えると、1.5倍の還元率になる。

カードブランドはVISAのみで、プラチナ、ゴールド、レギュラーの3ランク用意されている。

今回のインビテーションによる特典は以下の通り。

1834

プラチナなら入会するだけで10,000マイル、ゴールドなら5,000、レギュラーなら2,000マイルもらえる。
(2017年3月31日までに申し込み、2017年4月末までにカードが発行された場合)

また通常特典は以下の通り。

1835

1,000円につき15マイルの還元を受けるには、レギュラーカードのみマイルアップメンバーズ代として年会費とは別に5,000円が必要になる。

注意点はカード種別により1,000円につき15マイル換算される数に上限があること。

カード種別 プラチナ ゴールド レギュラー
換算上限 制限無し 年間75,000マイル 年間30,000マイル

換算上限数を超過した分は1,000円につき5マイルまで下がってしまう。

年間の換算数に制限が無いという点ではプラチナを手にしたいところではあるが、この内容なら自分はレギュラーカード一択。

その理由として、
①新規入会ボーナスマイルは魅力的であるものの初回限定であること。
②プラチナやゴールドに付帯する傷害保険や空港ラウンジサービスなどは、すでに持っている他カードでカバーできること。
ANAマイルを年間21万マイル貯める手法を実践しているため、ユナイテッドは年間3万マイルもあれば十分であること。

以上からとりあえず今回はレギュラーカードを申込んでおこうかなと思う。

ちなみにマイレージプラスセゾンカードはインビテーションがなくてもプラチナに突撃できる。

もし狙うならハピタスを経由させることをおススメする。

ハピタスを経由してマイレージプラスセゾンプラチナカードの発行に至ると、入会特典とは別に8,000ハピタスポイントがもらえる。

1836

ハピタスは1ポイント1円で現金と交換できるため、プラチナを手にすると8,000円も入ってくる。
(ゴールドなら4,800円、ノーマルでも4,000円)

ハピタスポイントを現金化せずにANAマイルと交換する場合はプラチナで7,200マイルにもなる。
(詳しくはこちら→2016年版 年間21万マイル貯める手法

インビテーションで申込むより、ハピタス経由の方がお得かも。

ハピタス