会社の打ち上げや友人との飲み会など様々な場面で飲食店を利用されることがあるだろう。

今日は飲食店利用時にポイントを4重取りする方法を紹介したい。

ハピタスからぐるなびに入る
飲食店を検索する際に便利な「ぐるなび」にポイントサイトのハピタスを経由してアクセスする。 

1095

ハピタスを経由してぐるなびで飲食店を予約すると、一予約あたり150ハピタスポイントが入る。

ハピタスは1ポイント1円で現金に交換できるため、150円戻ってくることになる。

すでに行くお店が決まっているとしても、わざわざ上記の流れで予約する。

アクセス方法はハピタスのTOP画面にある検索で「ぐるなび」と入力すると案件が出てくる。

ハピタスは入会金、年会費など一切かからない。

②くぅ〜貯でチェックインする
次にくぅ〜貯という飲食店利用に応じてポイントが貰えるアプリにアクセスする。


もしまだダウンロードしていない方は、無料で利用できるので早めに入れて欲しい。
くぅ〜貯

このアプリでぐるなびで予約したお店を検索する。
お店がヒットしたらチェックインする。

チェックインして7日以内に当該店で3,240円以上飲食してレシートをアップロードすると500ポイント入る。

くぅ〜貯ポイントは1ポイント1円で楽天のギフトカードなどと交換できる。 

ここまででポイント二重取り。

③ぐるなびのポイントをもらう
ぐるなびから飲食店を予約すると利用人数×100ぐるなびポイントが貰える。

1096

ぐるなびポイントはハピタスを経由して予約しても貰えるため大変お得。

積算されたポイントは1ポイント1円として飲食店やぐるなび食市場で使える。

ここまででポイント三重取り完了。

④クレジットカードで支払う
ポイント四重取りの最後はやはりコレ。
クレジットカードで清算するとクレジットカードポイントが貯まる。

824
(上記は楽天カード

これは誰もが思いつくところなので詳細は割愛するが、意外と現金主義の方が多いのでもったいないなぁと思う。

以上がポイント四重取りの流れになる。

実際に飲食店に訪問してポイントを獲得して来たので、画像を交えて報告する。

まずハピタスを経由してぐるなびにアクセスして、京都にある水都の饗宴というお店を予約した。

1097
(わかりやすいように画像の一部を加工)

まだポイントが判定中になっているが、確実に利用しているのでこのまま承認されて150ポイント入るだろう。

ハピタスポイントは1ポイント1円で現金化できる。

次にくぅ〜貯のアプリを開いてぐるなびで予約したお店を検索してチェックイン。

すると承認待ちになり、飲食の証拠としてレシートをアップロードした。

1099

上記の通り500ポイントが付与された。

くぅ〜貯ポイントは1ポイント1円計算で楽天ギフト券などと交換できる。
(交換は1500ポイントから)

次にぐるなびポイントを確認すると以下の通りポイントが付与された。

1100

今回は2名で飲食したため、100×2=200ぐるなびポイントが入る。
有効期間が1年あるので、失効させる心配も少ない。これでポイント三重取り。

最後にクレジットカードのポイント。
画像は用意できなかったが、世に出回っている多くのカードでは利用額に応じてポイントやマイルが付与されると思う。

ということで整理すると、
①ハピタス:150ポイント → 150円相当
②くぅ〜貯:500ポイント → 500円相当
③ぐるなび:200ポイント → 200円相当(100ポイント×人数)
④クレカ :70マイル(今回飲食代が7,000円。100円につき1マイルのカードを使用)

が付与された。

少々手間がかかるのは確かだが、その手間を惜しまずに作業するとポイント四重取りできる。

飲食店は何度も行くので、積み重なるとかなりの金額になる。

皆さんもいかがだろうか。

ハピタス