IHGの上級会員になるには、宿泊数かポイントのどちらかが一定基準以上に達する必要がある。

515

例えば最上級のスパイアエリートは宿泊数が75泊、もしくはポイント数が75,000ポイント以上のいずれかをクリアする必要がある。

このうち、達成しやすいのは圧倒的にポイント。

IHGは宿泊プランにボーナスポイントが付与されるプランがある。

例えば以下のようなもの。

415

これは通常ポイントとは別に5000ポイントをお付けしますよというプランになる。

IHGはこのボーナスポイントも上級会員に必要なポイントとしてカウントされる。

よってエリート資格を最も簡単に且つ安価に取得するにはボーナスポイントパッケージでの宿泊がおすすめということになる。

今日は「ポイントを効率よく稼げるホテルランキング2016」と題して、日本国内のIHG系ホテルで1Pあたりの単価が安く、2016年4月時点で予約可能なホテルをランキングにしてみた。

掲載以外のホテルでもボーナスポイントパッケージプランを用意しているところがあるが、効率が悪いと思われるところは除外したのでご了承願いたい。

順位 ホテル名 プラン名 最安値 通常P BP 合計 1P単価
第1位 クラウンプラザ沖縄 5000BPパッケージ 13500 1240 5000 6240 2.16
第2位 クラウンプラザ長崎 4000BPパッケージ 10860 990 4000 4990 2.17
第3位 クラウンプラザ広島 4000BPパッケージ 11100 1020 4000 5020 2.21
第4位 クラウンプラザ京都 5000BPパッケージ 14000 1280 5000 6280 2.23
第5位 クラウンプラザ名古屋 5000BPパッケージ 14500 1330 5000 6330 2.29
(BP=ボーナスポイント)

上記の通り、クラウンプラザ沖縄が第1位となった。

沖縄は1Pあたり2.16円だから、スパイアエリート到達には単純計算75,000 × 2.16 = 162,000円でいける。

716

但しドルレートにより若干の変動があること、またホテルまでの交通費は一切考慮していない点をご了承願いたい。 

ボーナスポイントは1滞在に1回のみのため連泊はダメ。
また予約はIHGの公式サイト以外はポイントが入らないので注意が必要。

これでも2015年と比較すると1Pあたりの単価が悪くなっている。

海外のIHGでもボーナスポイントプランを設定しているところがあるので、うまく使うとスパイアエリートも十分射程圏内だと思われる。