これからぶらっとソウルに行く。

利用するのはJALのビジネスクラス。

今日はCクラス利用ということでお決まりのラウンジへに行く事にした。

428

ラウンジはエスカレーターで上階へ上がる構造。
いつもなら完全スルーだが今日は違う。

429

入口は大きなガラス張りで一般庶民を寄せ付けない雰囲気を醸し出している。 

Cと大きく表示された搭乗券を提示して中に入る。

430

さっそくダイニングで物色開始。
皆さん少しずつお皿に乗せ、搭乗前のひと時を楽しむかのようにゆっくり食事をされている。

432

一方で自分のテーブルを見ると大量の戦利品ならぬ食料を抱え込んでいることに気づいた。

食べ放題のお店に行くと、元を取ろうとばかりに、つい取りすぎてしまうアレである。
お里が知れるとはこのことか。

しかしこんなところで遠慮しても仕方ない。
周囲は一切気にせずお腹がはち切れんばかりに飲み食いしてしまった。

431

お腹いっぱいになったところで食後のコーヒー。
正に至福の一時。 

もう少しゆっくりしたいところだが、ここで搭乗の時間となってしまった。

早くサファイアに到達してエコノミーでも気軽に利用したい。