ソウル行きは定刻通り搭乗が案内された。

Cクラスの搭乗率は見た目の感覚で10%程度。かなり空いている印象を受けた。

437

2015年2月まで韓国線と言えば、スカイラックスシートというボロCクラスが定番だった。
(その時の記事はこちら→サファイアチャレンジ①

2015年3月末にようやく改善が図られB787のフラットNEOが加わった。
長距離路線には不評なフラットNEOも韓国線なら十分と言える。

席についてさっそく映画を視聴する。

439

しかし、相変わらずヘッドフォンは使い捨てと勘違いしそうなチープな品質。
もう少し改善できないものか。

水平飛行に入り食事の提供が開始される。

JALはターゲットとしている年齢層がやや高めに設定されていると感じることが多いが、食事を見るとそれをより強く感じる。

438

食事は非常にお上品で、見た目も美しい。
ししおどしがある庭園を前に、ゆっくりと素材の味を楽しむような内容にまとまっている。

健康にも良さそうで、カロリー計算もしっかりされているような印象を持つ。
ただ年齢が若い方はこれで満足なのだろうか?と思う。

440

食後は定番のハーゲンダッツにコーヒー。おいしく頂いた。

その後、順調に飛行が続き、定刻より若干早くソウルに到着した。

今回利用したチケットはソウル発東京経由マニラ行きとして1年FIXで発券した最終区間になる。

ソウル→東京→マニラ→東京→ソウルとすべてCクラスのためFOPは125%でカウント。
途中ストップオーバーも可能で約13万円。

FOP効率的にもなかなか良い行程となった。

JGC修行第15弾で獲得したFOP:1,821(サファイアまで残り:12,116FOP)