このブログで独立をお知らせしてから、はや2ヶ月が経過しようとしている。

この2ヶ月間の状況を報告したい。

まず良かった点から。
①自由に時間設定できる。
毎朝決まった時間に通勤する必要もなく、会議に嫌々出るような事もない。
毎日の時間は自分で設定できるので、気持ちに余裕が生まれる。

②仕事の範囲が無限に広がる。
会社勤めの場合、大方業種や職種が決まっている。
例えば印刷会社に勤めているのに、明日から飲食業を始めると言ったら上司に叱られる。
そういう事が一切ない。仕事の幅は自分で自由に決められる。

③人脈が広がる。
仕事の幅が広がるため、当然知り合いになる方の層も広がる。
知り合いが知り合いを呼び、仕事の幅もドンドン広がって行くためやりがいを感じる。

④報酬に上限がない。
サラリーマンの場合、会社の命運を左右する程の大きな案件を受注したとしても、毎月30万円の給料が、翌月から1000万になることは無い。
独立していると、報酬は成果に比例する事が多いため、大型案件を成約すると、報酬も跳ね上がる。

一方で厳しいと感じる点は、安定した収入が確保できないの一点に尽きる。
期待していた案件が流れると、同時に報酬も無くなる。
サラリーマン時代は自動天引きで、特に意識もしていなかった住民税や健康保険料の請求が重くのしかかる。

しかし不安に感じたところで何も解決しない。この道を選んだ限りは突き進むしかない。すべて自己責任。

事業に失敗しても、再度復活する人は、常に明るく、前を向いている。

このブログに遊びに来て頂いてる方も、貴重な仲間だと思っている。
引き続き立ち寄って頂けるとありがたい。