おもしろそうなビジネスの話が舞い込み、中国の鄭洲という都市に来た。
中国では田舎に分類されるらしいが、それでも人口は750万人もいる。

街のあちこちで大型クレーンが夜通しで動き、開発計画の看板も多数掲げられていた。

今回宿泊先に選んだのはIHG系のホリデイインエクスプレス。一泊329元なので日本円で5,000円程度。

ホテルに到着して予約済であることを告げると、保証金として1,500元が必要と言う。
今回は3泊する予定で、宿泊料は1000元以下。

宿泊料金よりも高い保証金を入れるという事に戸惑いもあったが、チェックアウト時に差額は返してくれるというのでそのまま支払った。 

またIHGのゴールドメンバーのため、何かしらのサービスを期待していたがウエルカムドリンクのみ。
なんとも寂しいチェックインとなった。
ブログ79
部屋に入ると、それなりに綺麗で必要なものは一通り揃っている。お湯が出ない、トイレが流れないということもない。

ただ食事は正直おいしくない。食べられなくはないが、大味。もう少し塩こしょうを加減するだけでおいしいのだが。

立地は市内のほぼ中心部に位置する。隣にはクラウンプラザ、ホリデイインがあり、車で数分のところにはヒルトンもある。

さらに開発計画によるとシェラトンも進出する予定となっており、これから期待できる都市だと感じられる。

鄭洲は少林寺への玄関口。
リーズナブルでそれなりの綺麗さや設備を求めるのであれば、お勧めできるホテルである。

ホリデイ・イン・エクスプレスホテル