飛行機のビジネスクラスを利用する際は出発前に空港ラウンジではなく、航空会社が用意したビジネスラウンジを利用できるのが大きな利点である。

軽食からドリンクまで豊富に取り揃えられており、出発前のひと時をゆっくり過ごせるというイメージが強い。

しかしマニラ(ニノイアキノ)空港のターミナル3を利用するANAにはビジネスラウンジがない。

出国審査を済ませ、搭乗口に向かって歩くと、スターバックスのようなカフェがある。
なんと、このカフェがビジネスラウンジの代わりとして使用されている。

ブログ62

カフェに着きインビテーション表示のあるビジネスクラスの搭乗券を店員に見せると、お好きな席にどうぞと。

本当にスターバックスに来たみたい。
軽食はパスタとサンドイッチ、よくわからないフルーツのみ。ドリンクも種類が少ない。

しかも店が狭い上に、スタアラのゴールドメンバーなども利用するため、相席になる寸前であった。
とても出発前にゆっくりできるような場所ではない。

ANAもすでに気づいていると思うが、早く改善して欲しい。