台北(桃園)空港から市内に出る際、リムジンバスを利用する方が多いが、今回は台湾新幹線(高鐵)で移動してみることにした。

まず桃園空港から最寄の桃園駅までUbusという路線バスで移動する。
路線バスといってもチケット前払い制で、空港を出ると駅までノンストップである。

桃園駅についたら台湾新幹線で台北まで移動。桃園駅から台北駅まで20分で到着する。
乗換や待ち時間があるので、市内までの移動時間はリムジンバスと大差がないか、少し遅いくらいであるが、渋滞に巻き込まれる事が無いためストレスは全くない。

さて、桃園駅で高鐵を待っていると、到着した電車は日本の新幹線そのもの。
台湾新幹線は日本の技術を投入して作られただけあって、駅の仕様から表示まで何となく日本っぽい。
それは車内に入るとより一層感じる。

関西方面へ出張する際にいつも乗っている新幹線になぜか台湾で乗っている不思議な気分。
なんだか外の景色まで日本に思えて来た。車内はきれいで振動も少なく快適。
やっぱジャパンでしょ。などと日本の技術に感動していると、あっという間に台北駅に滑り込んだ。

移動にかかった費用であるが、Ubusが30台湾ドル、高鐵が175台湾ドル(指定席)、合わせて205台湾ドルなので、日本円で600円くらい。

ひとつの移動手段としてありかも。

■画像は桃園駅に到着した高鐵台北行き新幹線

ブログ30