台北に向かうチャイナエアラインはマニラを少し遅れて離陸した。

格安チケットのため、帰りも台北経由。4時間半程の乗継ぎ時間がある。
時間もあることだし少しだけでも台北の街を見てみたいと思い、一時入国することにした。

台北桃園空港に降り立つと、まずその綺麗さに驚く。
日本から来るとさほど感じないが、マニラから来ると余計にそう感じる。

入国審査官から「今日だけ?」と日本語で問いかけがあった。
「そうです」と答え、帰りの航空券を提示すると、すぐに入国のスタンプが押された。

なんだろう、この安心感。
マニラで抱いた警戒心と不安感は全くない。 

4時間半という時間は長いようで短い。特に航空機利用の場合はそうだ。
入国したものの、台北市中心部はとても無理 。

そこで近くにあるノボテルホテルまで行ってみることにした。
ホテルまでは無料のシャトルバスが出ている。

10分程走っただろうか。ホテル正面に横付けされた。
このホテルは2009年にオープンしただけあって非常に綺麗。
従業員の方も非常に感じが良く、好感が持てる。

ホテルロビーを少し見学し、折り返しのシャトルバスで空港へとんぼ返りした。

旅慣れた方はこんな無意味な事をと思われるかもしれないが、
私にとってはこれだけで異国の雰囲気を感じられて新鮮な気分に浸れる。

空港に戻り出国審査を受け、東京行きの便を待った。
■画像は桃園空港のバス乗り場。ノボテルホテル行き無料バスは1番。
ブログ11