フィリピン永住権取得の道

フィリピンの永住権(クオータビザ)取得とエアライン&ホテル利用記

フィリピン永住権取得の道 イメージ画像
スマホTOP

TOP2

2633

2018年11月

2019年1月7日より、いよいよ出国税の徴収が開始される。徴収額は一人1,000円。金額は目立って高くはないものの、家族連れで海外旅行に行く場合や、出張などで年に何回も海外を訪れる方はそこそこ痛手となる。徴収した出国税は観光資源の開発やWi-Fi整備などに充てられるよう
『出国税の徴収がまもなく始まる。2019年に海外に行く方はできるだけ2018年中に予約を済ませよう。』の画像

ウエンディーズというハンバーガーショップはご存知だろうか?今のところ、関東より西の地域しか出店していないので、知らない方も多いかもしれない。ウエンディーズはベーコン1枚100円とか、チーズ1枚60円とか、好みに応じてトッピングできるのが特徴。このウエンディーズで
『衝撃!ウエンディーズのハンバーガーセットがたった6円で購入できる!』の画像

ANAから株主優待券が届いた。優待券は毎年3月と9月の権利付き最終日に100株以上保有している株主に郵送で送られてくる。今回はちょっと頑張って1,400株を保有したので、貰える優待券は8枚になった。ANAの株は1株4,000円前後。これを1,400株保有すると560万円もの資金が必要に
『ANAの株主優待券が届いた。たった5,000円で8枚の優待券をゲット!』の画像

ユナイテッド航空のマイレージプラスは片道5,000マイルでANAの国内線に乗れるのはご存知だと思う。マイレージプラスは乗り継ぎでもマイルの増額がないので、目的地次第ではANAよりお得。以前、たった5,000マイルで東京から宮古島と那覇を訪問して、翌日静岡(東京)に戻る旅
『ロケットマイルズでホテルを予約するとANAの国内線にタダで乗れる!』の画像

先日、仮想通貨をプラストークンというアービトラージで運用するだけで、月利10%前後の配当が入る案件をご紹介した。(→仮想通貨をアビトラ運用するだけで毎日配当が得られる。但し好条件すぎて怖い。)あまりにも好条件すぎて、詐欺的な可能性もあると警戒していたが、今日
『これは本物かも。プラストークンで仮想通貨をアビトラして月利10%!』の画像

先日より北海道を巡る旅に出て、いよいよ本日が最終日。思ったよりも暖かい日が続き、秋の北海道を満喫させてもらった。最終日の今日はIHGのプラチナをぶら下げて、札幌駅近くのクラウンプラザ札幌に泊まる。このホテルは3,000ボーナスポイントパッケージがあるので、来年の
『クラプンプラザ札幌に3,000ボーナスポイントパッケージで泊まってきた。』の画像

以前、JAF会員はSPG(スターウッド)をベストレートより10%引きで利用できる上に、プリファードゲストプラスに無償で昇格できることをお伝えした。(→JAF会員ならSPGプリファードゲストプラスに無条件昇格!)SPGがマリオットに買収されてポイントプログラムが統合されて以
『【悲報】JAF会員のSPG割引が利用停止に。無償付与のシルバーエリートも存続不可か!?』の画像

今日はJALのビジネスクラスをお得に購入する方法をご紹介したい。各方面とも使える方法ではあるが、わかりやすいようにグアムまで行く場合を例に説明していこうと思う。まずJALのサイトでグアムまでのビジネス料金を確認すると、繁忙期は片道80,000円かかることがわかる。往
『JALのビジネスクラスをちょっとだけお得に購入する方法。』の画像

飛行機に乗るといつも取られる燃油サーチャージ。せっかく安い航空券をゲットしたと思っても、空港使用料や油代を加算すると、全然安くないと感じた方も多いと思う。特に北米や欧州などの長距離線は往復で3万円近く取られるので、家族4人なら12万円。油代がなけば、誰かもう
『オーマイガー!ついにフィリピン発の航空券も燃油代を徴収される。』の画像

先月、お得なふるさと納税先として大阪府熊取町をご紹介した。多くの自治体は返戻品を寄付額の30%前後に設定している中で、大阪府熊取町の返戻率は驚異の50%。仮に1万円寄付すると5,000円相当の商品が届くことになる。さらに凄いのは返戻品の中に近畿日本ツーリストの旅行券
『まだまだあった!ふるさと納税のお得な自治体を2つご紹介します。』の画像

札幌に来た。今宵はIHG系のホリデイイン札幌すすきのに泊まる。このホテルはスタンダードの1,000ボーナスポイントパッケージに、わずか950円プラスするだけで、3,000ボーナスポイントパッケージにアップグレードできる。IHGはボーナスポイントパッケージで獲得したポイントも
『ホリデイイン札幌すすきのに3,000ボーナスポイントパッケージで泊まってきた。』の画像

↑このページのトップヘ