フィリピン永住権取得の道

フィリピンの永住権(クオータビザ)取得とエアライン&ホテル利用記

フィリピン永住権取得の道 イメージ画像
スマホTOP

TOP2

2633

更新情報

久々にフィリピンの永住権の話。フィリピンで最も自由度の高いクオータビザを取得するには現地の銀行に口座を開設する必要がある。 クオータビザ取得には「現地の銀行口座に5万USドルを保持していること」という条件が付されているためだ。フィリピンに限らず、永住権取得に
『フィリピンの銀行口座』の画像

初めて海外旅行をした時からコンチネンタル航空をメインのエアラインとして、マイルをコツコツ貯めてきた。クレジットカードもUFJ発行のコンチネンタル航空ワンパスVISAを所有し、日々の買い物から公共料金の引き落としまで、すべてカードを通して決済している。コンチネンタ

大阪府泉佐野市に「ふるさと納税」すると納税額の半分がピーチのポイントとして還元される。ふるさと納税額(寄附金額)ピーチポイント10,000円以上5,000ポイント30,000円以上15,000ポイント50,000円以上25,000ポイント100,000円以上50,000ポイント 例えば50,000円納税すると2

ヨーロッパ、中東、アフリカにあるヒルトンのプロモコード。ヒルトン公式サイトで入力すると20〜33%ディスカウントされる。(2014/8/31まで)PGSS01現在、上記コードを入力しなくても、割引プランが自動表示されるようだが、一部ホテルでは通常プランしか表示されないので、

日本のヒルトン系ホテルと韓国ソウルのコンラッドが20%OFFで利用できる会員組織としてヒルトンプレミアムクラブがある。通常この手の割引はラックレート(基本料金)が対象となるため、割引になっても一休などの宿泊予約サイトを使う方が安い場合が多い。しかしこのクラブは
『ヒルトンプレミアムクラブ』の画像

とんかつ・・・私の大好物の一つである。とんかつ店は数多くあるが、東京・新宿に本社を置く「新宿さぼてん」はご存知だろうか。現在日本では120店舗を展開しているようだ。この新宿さぼてんがフィリピンにも進出してきた。日本の会社とは言え、フィリピン人の好みに合わせて
『とんかつ新宿さぼてん』の画像

インターコンチネンタルホテルのゴールドアンバサダーに入会すると、週末無料宿泊券が貰える。(アンバサダー入会時の記事はこちら→ゴールドアンバサダーカード到着)この週末無料宿泊券はインターコンチネンタルホテルに土曜日を含む2連泊すると2泊目が無料になるというも
『インターコンチネンタルH 週末無料宿泊券』の画像

今日からジェットスターで大阪へ行くため、成田空港の第2ターミナルにやってきた。空港に到着してすぐにチェックインを済ませて、さっそく空港ラウンジへ。利用できるのはT.E.IラウンジとIASSエクゼクティブラウンジのいずれかになる。IASSのエクゼクティブラウンジは搭乗口
『[成田空港]空港ラウンジ 訪問記(第2ターミナル・T.E.I)』の画像

フィリピン、特にマニラ首都圏はコンラッドなどの高級ホテルやコンドミニアム、オフィスビルまで建設ラッシュである。夜遅くまで工事の槌音が響き渡り、非常に活気がある。日本では高層ビルを建てる際、H鋼と呼ばれる重量鉄骨を使用するが、フィリピンでは細い棒状の鋼材を使
『フィリピン人はせっかち?』の画像

最近フィリピンに日本の飲食店が多数進出している。フィリピンの方は日本製に絶大なる信頼を置いており、どのお店も繁盛しているようだ。一方で日本とは全く関係ない地元企業が、日本をテーマに飲食店を展開する例も少なくない。例えばTOKYOTOKYOという店。トンカツや丼もの
『TOKYOTOKYO』の画像

2回目の渡比の主目的。イミグレーションで弁護士との面接の日を迎えた。これがクオータビザ取得の最大の関門と言っても良い。弁護士とは英語でやり取りするのだが、幸いにして業者さんが通訳を手配してくれた。宿泊地のマカティからマニラ中心部に車で入って行く。マニラ湾沿
『イミグレーションで弁護士と面接』の画像

お出かけする度にポイントが貯まるおいしいアプリ「imaココデ」。2014年6月の実績を公開する。毎日一生懸命というよりは、気づいた時にチェックインするという、適当な感覚でやっても4,300ポイント以上貯まった。これをソラチカ+メトロポイント経由でANAマイルに交換すると4
『【実績公開】imaココデポイント数(2014年6月分)』の画像

マニラ(ニノイ・アキノ)空港は全部で4つのターミナルがある。1回目の渡比では、台北乗継ぎのチャイナエアラインを使用したため、ターミナル1に到着した。ターミナル1は古くて、昔のアメリカ映画でギャングが銃で撃たれるシーンに出てきそうな雰囲気。一方、ANAが使用するタ
『マニラ空港 第3ターミナル到着』の画像

ANAのマニラ線は長らくボロ機材で時間帯もイマイチとかなり冷遇されていたが、羽田線が開設されてB787が割り当てられるなど、徐々に改善が進んで来た。これから就航して間もない羽田発のビジネスクラスでマニラへ向かう。予定時間からやや遅れて、優先搭乗が始まった。今回の
『ANA ビジネスクラス搭乗記[羽田→マニラ]2014.6.29』の画像

2回目の渡比は2014年3月に新設されたマニラ線を利用する。恥ずかしながら羽田から海外へ行くのは今回が初である。チェックインを終え、大きく「C」のマークが入った航空券を握りしめ、ANAのビジネスラウンジに向かった。初めての羽田国際線なので、空港内がどのよ
『[羽田空港]ANAラウンジ』の画像

今回の渡比では特典航空券で確保したANAのビジネスクラスを利用する。フィリピンは飛行時間が4時間強の短距離路線とは言え、ANAのビジネスクラスは18万前後(税、サーチャージ含まず)もする。貧乏サラリーマンなので、おとなしくエコノミーに乗れと言われそうだが

クオータビザ取得を思い立ったのが2013年4月。 1回目の渡比で、銀行口座開設と健康診断はスムーズにパスしたものの、その後フィリピンイミグレから手続きストップを一方的に突きつけられ、先が見えない状態となっていた。(その時の記事はこちら→クオータビザ 2回目の渡比

以前にハピタスやゲットマネーを使い、Pexを経由してメトロポイントを貯めるとANAのマイルが簡単に貯められるという話題を取り上げた。(過去の記事はこちら→ハピタスでビジネスクラス)今日は2014年5月分として実際に積算された実績を公開したい。画像にもある通り、2014年
『【実績公開】メトロポイント2014年5月分』の画像

キャッシュパスポートはご存知だろうか。海外でも日本の銀行と同じように現地通貨で現金を引き出せるサービスである。海外出国前にキャッシュパスポートに現金をチャージしておくと、海外の銀行でお金を引き出せる。もちろん引き出しには手数料がかかるが、日本で現地通貨に
『キャッシュパスポート』の画像

IHGのインターコンチネンタルホテルに宿泊すると一律2000ポイント付与されるが、2014年7月1日から1ドルあたり10ポイントの付与に変更となる模様。先日宿泊したインターコンチネンタルホテル東京ベイは1泊12,000円であった。(その時の宿泊記はこちら→インターコンチネンタル

日本と韓国のヒルトンホテルで2014年6月2日(月)14:00〜72時間限定で50%OFFのタイムセールを開催する模様。今回は2014年7月19日に新築オープンする沖縄北谷リゾートも対象に含まれている。宿泊期間は2014年8月31日までと、夏休み終了までしっかりカバーされている点もうれ

スターアライアンスからワンワールドにアライアンス移籍したUSエアウエイズがバイ&ギフトマイルで100%のボーナスマイルキャンペーンを開催している。・Buy 10,000 to 19,000 miles, get 50%・Buy 20,000 to 29,000 miles, get 75%・Buy 30,000 to 50,000 miles, get 100% 
『USエア 100%ボーナスマイル』の画像

久しぶりにインタ–コンチネンタル東京ベイに宿泊した。IHGANAの公式サイトからアクセスして12,000円(諸税込)のプランを確保。インタ–コンチネンタルホテルにしてはお安い価格であるが、ゴールドアンバサダー特典として、①フルーツのサービス②ミネラルウオーター2本③ホ
『インタ–コンチネンタル東京ベイ 宿泊』の画像

カーシェアという言葉を耳にされたことはあるだろうか。最近はだいぶ普及してきたが、カーシェアと言っても聞いた事が無いという方もまだまだおられる。一言で言うとレンタカーの簡易版みたいなもの。レンタカーの場合、予め予約して、店舗に出向いて貸出しを受け、ガソリン

クオータービザの取得手続きが再開されたとの吉報を受け、さっそく次の渡比スケジュールを立てた。今回はポイントサイトのハピタスとゲットマネーで貯めたポイントから交換したマイルで、特典航空券を発券することにした。(ハピタスの記事はこちら→ハピタスでビジネスクラ
『ANA 特典航空券を発券』の画像

アメックスから「お友達紹介プログラム」という案内が届いた。送付状には紹介者コードが記載されており、私の名前と紹介コードを入会希望者に伝え、専用の電話番号から入会すると入会者はもちろん、紹介者である私にもボーナスポイントがもらえるらしい。入会するカードによ

フィリピン政府の事情により、クオータビザの取得手続きが一時中断していたが、再開の目処が立ったと連絡があった。これ以上遅れると、無犯罪証明書の再取得や1回目の渡比で行った健康診断などの有効期限が切れるため、再度申請が必要になってしまう。なんとか滑り込みで間に

ソウルでの用事も早々に済ませ、午前便で日本で帰国する。航空機の時間を考えると宿泊先のホリデイインソンブックは6時台に出発しないと間に合わない。まだひっそりとしているフロントにチェックアウトを告げ、眠い目をこすりながらリムジンバスに乗り込んだ。ちなみに空港ま
『仁川 空港ラウンジ MATINA』の画像

久しぶりのブログ更新。新年度に入り、ちっともお金にならないくせに忙しいばっかりで、更新できなかった。少し落ち着いて来たので、記事のUPを再開したい。さて、離陸直前でトラブルが発生し、駐機場に引き返すというアクシデントはあったものの、ソウルに無事到着。今日の
『ホリデイインソンブック 宿泊』の画像

バニラエアの格安運賃わくわくバニラでソウルへ向かう日となった。(予約時の記事はこちら→バニラエアの1000円チケット)バニラエアは2014年1月に台北からの帰国便で搭乗して以来となる。(その時の記事はこちら→バニラエア初搭乗)LCCは遅延や欠航しても補償がない上に、
『驚きの1,000円バニラ』の画像

以前紹介したお出かけアプリ「imaココデ」。近くにあるお店にチェックインすると1ポイント獲得でき、何のリスクもなく年間で3200ANAマイル貯まると紹介した。(その時の記事はこちら→毎日コツコツ無料で年間3200マイル)始めてから今日で1ヶ月になるので実績を公開したい。
『【実績公開】imaココデポイント数』の画像

久しぶりの京都。京都は季節問わず風情があって良いところだ。今回の宿泊先はANAクラウンプラザ京都。インターコンチネンタルのゴールドアンバサダーに入会してから、IHG系の宿泊がダントツに多くなった。ゴールドエリートというエサを与えられると、特典やポイント欲しさにI
『ANAクラウンプラザ京都 宿泊』の画像

以前ソラチカカードでメトロポイントの90%がANAマイルに移行できる事を紹介したが、2014年2月分のメトロポイントが口座に反映されたので紹介したい。合計:20,795ポイントこのポイントを貯めるまでに投資した金額も合わせて公開する。■ハピタス 青汁の購入   4,490円を
『【実績公開】メトロポイント』の画像

ヒルトンの50周年キャンペーンとして行われていた宿泊プラン50%引きで、東京ベイに宿泊した。新年早々、三井住友Hオーナーズゴールドカード入会でヒルトンゴールドVIPに昇格して以後、初のヒルトン宿泊となった。デルタアメックスゴールドに入会してデルタのゴールドメダリ
『ヒルトン東京ベイ 宿泊』の画像

無料でマイルを稼ぐと聞くと資料請求や会員登録などを思い浮かべるが、一件一件登録するのは結構大変な作業である。1件登録しても20〜30マイル。中には5マイル程度のものもある。これで何千マイルも貯めるのはチョモランマに登るくらい気が遠くなる。今日は最初の登録だけ済

JCBが発行するソラチカカードはご存知だろうか。ANAと東京メトロが提携してJCBブランドで発行しているカードである。メトロの駅でよく入会の勧誘をやっていたが、これまで気にも留めなかった。しかし特徴を良く調べてみると、なんとメトロポイントの90%をANAマイルに交換で

昨日、みずほ銀行から「みずほセゾンプラチナアメックス」のインビテーションが届いた。みずほ銀行をメインバンクにしてからかなりの年数が経過しているが、預金額も少なく、投資信託などの金融商品も一切取引していない。住宅ローンだってない。銀行としては旨味が全く無い
『みずほセゾンプラチナアメックス』の画像

航空運賃はサーチャージや諸費用を除いた基本価格で表記される事が多い。安いと思っても諸費用を足すと、さほどお得ではなかったり、基本価格よりも諸費用の方が高くてガッカリすることがある。なのでこのブログでは極力コミコミ価格でお得と思われるものを取り上げたい。ま

今日から仕事で関西出張。このブログを始める前までは、何の迷いも無く新幹線を利用していたが、特に安くもないのに飛行機での大阪入りを選択してしまった。 マイル、、、これは誰が考えた仕組みなのだろうか。貯金と似たような感じで貯める事に一生懸命で、いざ使うとなる
『空港ラウンジ(羽田/第2ターミナル)』の画像

マリオットやリッツカールトンホテルの会員組織マリオットリワード。こちらに新規入会の上、対象ホテルに2滞在すると、通常マイルに加えて5,000ANAマイルがもらえるキャンペーンを実施している。2滞在なので、同じホテルを2連泊しても1滞在扱いとなる。そのため、別の系列ホ
『ANA × マリオット2滞在で5000マイル』の画像

↑このページのトップヘ