フィリピン永住権取得の道

フィリピンの永住権(クオータビザ)取得とエアライン&ホテル利用記

フィリピン永住権取得の道 イメージ画像
スマホTOP

TOP2

更新情報

インターコンチネンタルアンバサダーの有効期限が今月末で切れるので、ポイントを使って更新しておいた。これで2018年11月末まで有効期限が延びた。アンバサダーの更新方法は以下の3通りある。①150ドルで更新して、特典として1万ポイントもらう。②200ドルで更新して、特典
『インターコンチネンタルアンバサダーの更新完了。これで2018年もプラチナ維持確定。』の画像

ユナイテッド航空から2017年11月20日までにマイルを購入すると、ボーナスマイルが上乗せされるオファーが届いた。前回は2017年9月29日まで開催されていたので、2ヶ月空けずにまた実施された形になる。(前回はこちら→UAのバイマイル。2017/9/29まで75%ボーナス実施中)ボー
『UAのバイマイル。2017年11月20日まで75%ボーナス実施中です。』の画像

ホテルを予約する際はポイントサイトを経由されているだろうか?ポイントサイトを経由すると宿泊料金に対して数%のポイントバックがあるので、ホテルや旅行会社に直で予約するよりもお得になる。これを周囲に話したら「たった数%だろ?」「面倒くさい」「ポイントが付く分
『ホテルを予約するなら、まずはハピタスに立ち寄ろう。』の画像

最近忙しくてマイルのことを気にしている余裕もなく、今日久しぶりにANAのアプリを覗いたら失効3ヶ月前だった。このまま放置すれば2018年2月から毎月2万マイルずつ消えていく。 2万マイルあればマニラやセブ、台北や香港までの特典航空券が発券できるので、このまま失うのは
『気づいたらマイル失効3ヶ月前だった。このまま放置すると毎月2万マイル消えていく。』の画像

IHGは2017年11月29日までにボーナスポイントパッケージを予約すると、50%の追加ポイントが加算されるキャンペーンを実施している。IHGを使っている方は大チャンス到来です。詳細は以下のとおり。予約期間:2017年11月29日まで宿泊期間:2017年12月30日まで宿泊特典:ボーナス
『IHGのボーナスポイントパッケージが50%増量中!!一気にポイントを稼ぐチャンスです。』の画像

フィリピンのフラッグキャリアであるフィリピン航空が2017年11月19日までの期間限定で、最大70%OFFセールを開催している。フィリピン航空と聞いて、なんか不安と思われた方。 実はJALよりも会社の誕生は早く、今年で創設76年目になる。 SKYTRAX社が発表した2017年の航空会社
『フィリピン航空が70%OFF実施中。お安くセブに行くチャンスです。』の画像

ポイントサイトのモッピーに新規登録して、貯めたポイントをJALマイルと交換すると、1,000ポイントもらえるキャンペーンが始まった。モッピーはお友達紹介制度を設けており、既存会員が新規入会者を誘うと、自分のIDと紐づいて一定数のポイントがもらえる仕組みになっている
『モッピーに新規登録してJALマイルに交換すると1,000ポイントもらえます。誰か登録してください!』の画像

飛行機に乗る際にいつも気になるのが油代。安いチケットを見つけたと思っても、油代を加算するとそれなりの金額になるので、「なーんだ、結局高いじゃん」と諦めることがある。各航空会社は2017年12月1日購入分から油代を一斉に引き上げる。例えばANAの日本発、世界各方面行
『2017年12月1日から燃油サーチャージ値上げ!でもマニラ発なら0円です。』の画像

IHGの上級会員を狙うなら、ボーナスポイントパッケージで泊まるのが、安くて手っ取り早いことを以前ご紹介した。ボーナスポイントパッケージは1泊で最大5,000ポイント付与される上に、エリート資格に必要なポイントとしてカウントしてくれるので、13〜14泊くらいで最上位のス
『もしかして世界最安?IHG5,000ボーナスポイントパッケージが1泊8,000円。』の画像

IHGの予約方法の一つに、ポイント&キャッシュという制度があるのはご存じだろうか?ご存知ない方向けに説明すると、無料宿泊の際、例えば1泊5万ポイント必要なのに手元に4万ポイントしかない場合、不足する1万ポイントはキャッシュで払っても良いですよという制度になる。名
『IHGのポイントを安くお得に購入する方法。100%ボーナスオファーより安いです。』の画像

バニラエアは2016年末より、セブ島に直行便を飛ばしている。日本からセブ島へは適当な便が少ないので、選択肢が増えたことは嬉しい。価格も最安9,880円からとなかなかリーズナブル。飛行時間は4時間程度なので、狭い機内でもギリギリ耐えられそうな感じはする。バニラエアはA
『セブ島へ特典航空券で行く。3万マイルでバニラエアか3.5万マイルでANAのビジネスクラスか。貴方はどちら?』の画像

クーポンサイトのグルーポンは、本日(2017/10/31)限定でトラベル関連クーポンが15%OFFになるプロモコードを配布している。このコードを使えば、お得なクーポンがさらに15%引きになる。プロモコードが使えるクーポンの中から、個人的に気になったものをいくつかご紹介。まず
『2017/10/31限定 グルーポンでトラベル関連クーポンに適用可能なプロモコード配布中。』の画像

先日SPGから1通のメールが届いた。SPGのアカウントをマリオットリワードとリンクすれば、すぐにシルバーエリートをくれるらしい。SPGは2016年にマリオットに買収されて、両アカウントのマッチングが可能になったことを受けての案内だと思われる。アカウントはグレードの高い
『マリオットに1泊もしてないのにシルバーエリート。JAF会員なら無条件で貰えます。』の画像

IHGのポイント購入で、久しぶりに100%ボーナスを実施している。100%ボーナスとは購入したポイント数と同じ数がボーナスとして付与されることを意味する。つまり価格据え置きで、通常の2倍のポイントが手に入る。詳細は以下のとおり。対象期間:2017年11月3日まで適用条件:5
『IHG ポイント購入で100%ボーナス!但し人によって条件に差があるので、ご自身で確認を。』の画像

来月少し時間が取れたので、セブ島にでも行ってリフレッシュしようかなーと思っている。セブ島も一応フィリピンなので、自分が取得したクオータビザがあれば、滞在日数を気にすることなく、1年でも2年でもセブにいられる。(まぁそんなにいないけど...)今回は久しぶりにユナ
『UAの特典航空券。2017年11月1日から東京⇄マニラのビジネスクラスは往復9万マイル必要!?またまたご冗談を。』の画像

JALの2017年11月分の時刻表を見ると、国際線機材が数本、国内線の運用に入るようだ。国際線機材にはビジネスクラスが搭載されているため、クラスJを選ぶと、たった1,000円でビジネスクラスシートを体験できる。運航スケジュールは以下の通り。 table { border-collapse: col
『JAL 国際線機材が国内線の運用に入る時刻と区間(2017年11月)』の画像

超大型の台風21号が日本列島に接近している。(ウェザーマップ社より引用)2017年10月21日10:00時点で、中心気圧が925hPa、最大風速50メートルと、正にモンスタークラス。災害が出ないことを祈るばかり。そんな中、台風が接近する時間とバッチリ重なった特典航空券を持ってい
『超大型台風接近で予約便の運航危うし。期限切れ直前の特典航空券はどうなるのか?』の画像

イギリスのEIUという組織が、世界で最も安全な都市ランキング(2017年)を発表した。EIUとはエコノミスト・インテリジェンス・ユニットの略で、70年の歴史を持つ市場調査会社になる。発表されたランキングを見ると、世界一安全な都市は、予想通り「東京」。2位はシンガポール
『イギリスのEIUが安全な都市ランキングを発表。世界一は東京。ではマニラは?』の画像

IHGの会員レベルは最上位からスパイア、プラチナ、ゴールド、クラブの4段階に区分されている。最上位のスパイアになるには暦年内に75泊もしくは75,000ポイントを積み上げる必要がある。出張族でもない一般人がこの数字をクリアするのは至難の技。ところがIHGにはボーナスポイ
『IHG 5,000ボーナスポイントパッケージの最強都市は香港だ!』の画像

今日は広島に来た。先週末から西日本を巡っており、今日は広島で宿泊する。広島に来るのは10年ぶりなので、お好み焼きを食べて、いろいろな名所を廻ってみようと思っている。今宵の宿は株主優待で予約したユニゾイン広島。ユニゾホテルの株主優待は最低100株保有すると、3,00
『ユニゾイン広島に株主優待を使って泊まってきた。宿泊料金は1泊2,550円と爆安。』の画像

少し前にマクドナルドから株主優待券が届いた。マクドナルドの優待券は、好きなハンバーガーと交換できる「バーガー券」、ポテトやサラダと交換できる「サイドメニュー券」、好きなドリンクと交換できる「ドリンク券」がそれぞれ6枚ずつ貰える。(100株の場合)マクドナルド
『マクドナルドの株主優待でグランクラブバウスを無料で食べてきた。』の画像

先日長年乗ってきた愛車を手放した。約12年乗って、走行距離は10万キロほど。まだまだ調子は良かったものの、ほとんど乗る機会がなく、駐車場にずっと放置している状態だった。皆さんご存知の通り、車は1ミリも動かさなくても、持っているだけで多くのコストが発生する。車の
『車を手放してタイムズのカーシェアに切り替えたら、懐が温まってマイルも貯まった。』の画像

ANAからチョイスdeスマイルキャンペーンの案内が届いた。このキャンペーンに登録して、旅作(航空券とホテルのセット)を組むと、マイルもしくは割引クーポンがもらえる。詳細は以下の通り。予約期間:2017年10月2日〜2017年11月30日出発期間:2017年10月4日〜2018年5月31日
『ANAチョイスdeスマイルキャンペーンでマイル4重取り!旅費2.6万円で最大5,000マイルも。』の画像

先日JALの「どこかにマイル」を使って熊本に行ってきた。(→どこかにマイル、欲しい行き先は新千歳。結果はいかに?)その際乗った飛行機は前方5席がファーストクラスになっていた。JALが国内線でファーストクラスを設定しているのは羽田から新千歳、伊丹、福岡、那覇のみ。
『知らなかった!クラスJなのにファーストクラスに乗れる!但し運次第。』の画像

ハピタスやゲットマネー、げん玉など、ポイントサイトは数あれど、還元率は最大でも100%のところがほとんど。100%還元とは支払額と同額がキャッシュバックされることを意味する。つまり実質無料で商品やサービスを手にすることができる。企業としては案件を利用した一部の顧
『電車移動中にサクッとマイル稼ぎはいかがでしょうか?続ければ格安でビジネスクラスに乗れます。』の画像

ANAの国際線はファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの4グレードに分類されている。このうち最も新しく設定されたのはプレミアムエコノミー(以下プレエコ)で、シート間隔や機内サービスを見ると、正にビジネスとエコノミーの中間と言ったところ。ビジネ
『ANA マニラ行きのプレエコは全席アップグレード用に開放!上級会員なら無償でアップグレードできます。』の画像

JALカードのCLUB-A以上を持つと、毎月AGORAという情報誌が届く。中身がエグゼクティブすぎて、自分に役立つ情報は少ないものの、一応は目を通させてもらっている。AGORAはJALグループの、JALブランドコミュニケーションという会社が発行部数や読者層をHPに詳しく掲載しており
『JALグローバルクラブ会員の平均年収は1,412万だと!?』の画像

ユニゾホールディングス(ホテル)は都市部を中心に、3つのブランド名でホテルを運営している会社。2017年9月末時点で国内に20箇所あり、今後数年でさらに10箇所オープンする計画がある。このホテルは株主優待制度を設けており、株主になると3,000円分のUCギフト券と宿泊料金
『ユニゾホテルの株主優待券は想像以上にお得だった!』の画像

SPGの会員ランクはプリファードゲスト、ゴールド、プラチナの3段階に分かれているが、もう一つ、プリファードゲストとゴールドの間に、プリファードゲストプラスというランクがあるのはご存知だろうか?プリファードゲストプラスはSPGが法人契約している社員やその家族、お得
『JAF会員ならSPGプリファードゲストプラスに無条件昇格!SPGアメックスいらないかも。』の画像

北海道の女満別空港を利用して、網走市及び斜里町内に宿泊すると1泊1名につき5,000円の助成金が受けられる制度がある。この助成制度を活用したツアーをJALが組んでおり、 往復の飛行機代と2泊のホテル代込みで、なんと最安2万円から設定がある。斜里町と言えば、世界遺産の知
『知床に行くなら網走市の助成制度を活用しよう。2泊3日コミコミで2万円から設定あり。』の画像

先日、国土交通省から、訪日外国人対象に高速道路が乗り放題になる「Japan Expressway Pass(以下JEP)」を販売するとの発表があった。JEPは7日間用が2万円、14日間用が34,000円で、北海道と首都高速、阪神高速、本州四国連絡橋を除くすべての高速道路が乗り放題になる。なん
『訪日外国人限定の高速道路乗り放題パス。海外に永住権を持っている日本人も購入OK。でも一瞬で諦めた。』の画像

ANAの旅作で札幌夜景クーポン5,000円分が配布されている。これを使えば羽田から新千歳までの「往復航空券」+「1泊のホテル代」+「諸費用・税」の総額が最安19,300円で行ける。この手のクーポンは2名以上で且つ旅行費用が総額5万円以上など、適用条件が厳しめに設定されてい
『札幌夜景クーポン5,000円分を配付中。羽田から1泊2日で実質19,300円から。しかも2,000ボーナスマイル付き!』の画像

熊本の旅を終えてこれから東京に戻る。 一泊二日の慌ただしい旅ながら、熊本をたっぷりと堪能できた。 (熊本名物の太平燕を食べて見た。予想以上に美味くてリピ確定)機会があればまた来てみたい。 東京行きの便に乗る前に、恒例の空港ラウンジをチェックしに行く。 一応
『熊本空港の空港ラウンジを訪問。缶ビールが一本無料で美味しいあられスナックもアリ。』の画像

↑このページのトップヘ